新しい日の真ん中に

Top  >     >   詩集   >  新しい日の真ん中に

児玉由紀子 作品集

児玉さんは、画家の安藤智さんと、デザイナーの角谷慶さんとともに、「しばらく」という3人での活動をされていて、定期的にウェブサイトで作品を発表し、しばらく名義でも作品集を制作しています。 本書は、児玉さんの作品集ですが、「しばらく」のメンバーで本を制作しています。

ビニールカバーの本ををパラパラとめくると、カラフルにデザインされたページに、安藤さんのちからの抜けた絵が印象的です。
児玉さんの言葉は、暮らしのなかの視線の先にある情景を短い言葉で表現されて、読んでいるとその場面の映像が頭にふわりと浮かんできます。読む人によって、その光景は様々だと思いますが、個人的にはとても懐かしく静かな映像です。

本のサイズも手にすっぽりと収まり、どこにも持っていけます。様々な季節や場で、パラっとめくりたくなる作品集です。

サイズ:
100×160mm / 44p
絵:
安藤 智
デザイン:
角谷慶(Su-)
発行:
児玉由紀子

  • 商品名:新しい日の真ん中に
  • 商品コード: kodama-001
  • 販売価格: 1,320 (税込)

PAGE TOP