便箋(切り絵・林檎)

Top  >   作家/レーベル別   >   odo 濱田久美子   >  便箋(切り絵・林檎)

Top  >   日用品   >   便箋   >  便箋(切り絵・林檎)

朝のりんごは金

 濱田久美子さんは、カッターをつかって絵を切り描きます。それは、植物だったり、山などの景色や、蝉やバッタなどの虫であったり。切り描いた作品は誰かを想うあたたかさを感じます。人のつながりを何よりも大切に思い、心の輪っかを描く作家です。
 依頼をうけて切り絵を額にいれてお渡しすることもありますが、作品としては、人から人に届く便箋という形を大事にしています。おばあさんになっても切り絵の便箋をつくっていたいという濱田さん、便箋へのこだわりも作るほどに自分らしい形なのだと感じているようです。
 このサイトのためにつくってくれたのは、枝になったふたつのりんご。そこから続く糸の先には「maruegao」の文字。“朝のりんごは金”と言って風邪をひかないイメージの果物だそうです。「まる笑顔、風邪をひかないで元気でいてくださいね」の思いがこめられています。今後、季節ごとの便箋をつくってくださるとのことです。

サイズ:
W142×H258mm
素材:

odo 濱田久美子 kumiko hamada
1974年10月広島生まれ。大阪在住。猫と一人と一匹暮らし。
2002年に手紙をSEWING TABLE COFFEE に出した事がきっかけで初めて切り絵の展示をする。その後、彼女が制作した便箋や作品と一緒にコーヒー豆などが郵便で届く郵便喫茶を開催。また関西を中心に切り絵の展示も開催。
濱田久美子さんのTwitter  濱田久美子さんのその他の商品はこちら » 

特になし

「便箋」の中の様子が少しだけご覧いただけます。手に持った感じでサイズもご確認ください。クリックするとスタートします。大きく表示したい場合は、再生後に右下の全画面マークをクリックしてください。音声はございません。
再生時間:52秒

  • 商品名:便箋(切り絵・林檎)
  • 商品コード: h-002
  • 販売価格: 2,160 (税込)
  • 作家/レーベル:濱田久美子

PAGE TOP