耳の人のつづき

Top  >     >   詩集   >  耳の人のつづき

Top  >   作家/レーベル別   >   西尾勝彦   >  耳の人のつづき

耳の人のつづき

あの物語のつづき

 BOOKLOREより「朝のはじまり」「言の森」「耳の人」の詩集、そして旅人と詩人の雑誌として「八月の水」を編集している西尾勝彦さんがつくる私家版の詩の冊子です。本書はブックロア発行の「耳の人」の物語の続きが描かれた、私家版の冊子です。まさか、あの物語のつづきが読めるとは思っていませんでしたが、私家版になっても相変わらずの空気が流れていました。本全体が一つの物語のツールになっていて、面白いです。
この私家版は、2015年の「おんさ展」で西尾さんが制作されたものです。ブックロア版の耳の人と合わせて、ぜひご覧いただけたらと思います。

著者
西尾勝彦
発行:
2015年7月7日
発行所:
カンパネルラ・ベーカリー編集室

西尾勝彦 katsuhiko nishio
奈良在住。2008年より、私家版の小詩集を作り始める。2010年、『フタを開ける』(書肆山田)、『朝のはじまり』(ブックロア)を出版。2012年、『言の森』(ブックロア)を出版し、同年旅人と詩人の雑誌『八月の水』(ブックロア)を創刊する。関西、関東と定期的に個展や朗読会を開催。フリーペーパー「粥彦」を不定期で、手書きでマイペースに制作している。
http://kayuhiko.exblog.jp

ミルツル(大阪)

「耳の人のつづき」の中の様子が少しだけご覧いただけます。クリックするとスタートします。大きく表示したい場合は、再生後に右下の全画面マークをクリックしてください。音声はございません。
再生時間:47秒

  • 商品名:耳の人のつづき
  • 商品コード: nishi-005
  • 販売価格: 500 (税込)

PAGE TOP