旅行記(前編)

Top  >     >   その他   >  旅行記(前編)

 

旅に出たくなる

 佐藤貢さんは、漂流物や、役目を終えて誰かが捨ててしまったものや、捨てられようとしているものを使って作品をつくり、各地で発表を行っている作家です。佐藤さんの作品は、いつ見ても、心がざわざわとする感じがします。作品と対峙をして、心を突き動かされる機会というのは、そう多くはありませんが、佐藤さんの個展に行くと、毎回そんな体験をさせてもらいます。作品自身が何か語りだしそうな、音を奏でそうな、そんなことを感じでいつも観ています。
 そんな佐藤さんが若い頃に旅をした記録をまとめたのが、この「旅行記」です。事の発端は、大阪のギャラリー「iTohen」オーナーの鰺坂さんが本を作ろうと声をかけたことからだそうです。そして、佐藤さん自身もいつか旅の記録を本にしたいという思っていたので、今回この本ができました。なかなか、はちゃめちゃな旅行の内容なので、ひとたび本を開くと止まらずに一気に読んでしまうくらい面白いです。佐藤さんを知っている方も、知らない方もきっと楽しめますし、読み終わったら旅に出たくなるのではないかと思います。この本は前編ということで、後編の完成も楽しみです。
 そして、佐藤さんのご好意で本にサインを書いてもらいました。サイン本は限定10部です。←サイン本はなくなりましたので、現在はサインのないものをお届けしています。

著者
佐藤貢
発行日:
2014年8月27日
発行者
鰺坂兼充
発行:
有限会社スカイ[iTohen press]
装丁:
鰺坂兼充 角谷慶 米須清成
編集:
鰺坂兼充 正木なお[gallery feel art zero]
写真:
辻徹 岡村靖子 藤本直也
ページ数:
136ページ
サイズ:
105×148mm

佐藤貢 / mitsugu sato
1971年生まれ。大阪芸術大学美術学科中退。1994年から中国よりアジア諸国、アメリカ、中南米諸国などを放浪する。帰国後、和歌山市へ移住。[漂流物]を用いて作家活動を再開。2005年初夏に公に向けた個展を大阪市北区にあるiTohenとPANTALOONの2会場で同時開催。この発表を皮切りに定期的な新作発表を行うようになる。
主な発表に東京渋谷区恵比寿南:lim Art、大阪府枚方市星ヶ丘:SEWING GALLERY、名古屋:コロンブックス、東京日本橋芽場町:森岡書店、名古屋:gallery feel art zeroにて開催。 ポジション2012名古屋発現代美術に招待出品(名古屋市美術館)など多数。現在、名古屋に在住。

iTohen(大阪)

「旅行記 前編」の中の様子が少しだけご覧いただけます。クリックするとスタートします。大きく表示したい場合は、再生後に右下の全画面マークをクリックしてください。音声はございません。
再生時間:35秒

  • 商品名:旅行記(前編)
  • 商品コード: kp-002
  • 販売価格: 1,080 (税込)
  • 作家/レーベル:iTohen/カイトプレス

PAGE TOP