マーガレットプレス お正月

Top  >     >   雑誌   >  マーガレットプレス お正月

Top  >   作家/レーベル別   >   marguerite press   >  マーガレットプレス お正月

マーガレットプレスは一冊ずつ手製本で本をつくる神奈川の出版社です。

 冊子「マーガレットプレス」は季刊誌として、毎回テーマをかえて発行しています。
 六冊目となる冬号のテーマは「お正月」。冊子の挿絵と付録の葉書のハンコは、現在、鎌倉のご飯とお茶の店sahanの店主、高階美佳子さんが担当。

・詩「正月二日の銭湯の朝風呂」村椿菜文
・エッセイ「お正月」ブラウン・佐和子
・エッセイ「いつまでたっても子供は子供」高階美佳子
・聞き書き 後藤由美子さん 村椿菜文
【連載】坂の記憶「大晦日のひと仕事」及川佳寿美
【連載】ギモンの細道「神社と石橋」大石俊六
【連載】BREWING WORDS「珈琲、酒」廣瀬義智 
【連載】WORDS OF LOVE「詩を好きになる」為田彩 
【連載】日当たりの好い場所で考えたこと「家内安全」村椿菜文

村椿菜文/ブラウン・佐和子/高階美佳子/後藤由美子(聞き書き)/大石俊六/及川佳寿美/廣瀬義智/為田彩

編集:
村椿菜文
製本:
坂本真衣子
設計:
大塚千佳子・坂本真衣子
ハンコ制作・付録:
高階美佳子
発行:
marguerite press
発行日:
2010年12月7日
ページ数:
47ページ
サイズ:
100×210mm

マーガレットプレスについて
2006年春、逗子にあるカフェCOYAではじまったポエトリーリーディングライブ「la voix du vent」で配布していた小冊子を三年間作り続けた後、そこから一新して「マーガレットプレス」を発行しはじめました。毎回テーマを決めて、ゲストとなる人にお願いし表紙や挿絵や付録をつくってもらうなど、読む側も、参加する側も楽しめる内容。文章が揃い、デザインをし、そして一冊ずつ手製本で仕上る。時間がかかる作業であることは手の上で、めくる指先で感じる本です。
製本・坂本真衣子、デザイン・大塚千佳子、文章・村椿菜文の三人で主に活動し、朗読会の企画や運営もしています。
http://marguerite-press.net  マーガレットプレスのその他の商品はこちら » 

TAMBOURIN GALLERY(東京)

「マーガレットプレス お正月」の中の様子が少しだけご覧いただけます。クリックするとスタートします。大きく表示したい場合は、再生後に右下の全画面マークをクリックしてください。音声はございません。
再生時間:41秒

  • 商品名:マーガレットプレス お正月
  • 商品コード: mp-002
  • 販売価格: 1,080 (税込)
  • 作家/レーベル:marguerite press

PAGE TOP