coyaの本

Top  >     >   詩集   >  coyaの本

Top  >   作家/レーベル別   >   WINDCHIME BOOKS   >  coyaの本

coyaの隅々に巡らされた眼差しの全てをかたり、紡いだ散文集

 フード・コーディネーターの根本きこさんが神奈川県逗子の海の近くに見つけた古くて小さな場所。そこはcoyaと名付けられました。場所やモノへの想いを、きこさんは言葉で綴り、ご主人の潤士さんは写真で本書の中で表現されています。残念ながら、2011年にcoyaは閉店してしまいましたが、その想いや眼差しは、この本の中に輝き続けている気がします。

著者:
根木きこ
写真:
西郡潤士
装幀:
山田恵子
編集:
中澤鴻吉、赤澤かおり
発行者:
中澤鴻吉
発行:
WINDCHIME BOOKS
発行日:
2004年8月18日
ISBN:
4-9901710-2-0 C0095
ページ数:
160ページ
サイズ:
107×175mm

coya
フードコーディネーターの根本きこさんが、ご主人の西郡潤士さんと2003年〜2011年まで神奈川県逗子で営んでいたお店。coyaの本を出版したウィンドチャイムブックスの主宰の永井宏さんが開催していた文章のワークショップ参加者が中心となり開催していたリーディングイベントの会場でもありました。

ウィンドチャイムブックスの本は、全国の書店で取り寄せが可能です。また、全国の個人でされているお店などでも取り扱いがあります。もしかしたらお住まいの地域のお店にも置いている可能性もありますので、取り扱い店については、ウィンドウチャイムブックスにお問い合わせください。

「coyaの本」の中の様子が少しだけご覧いただけます。クリックするとスタートします。大きく表示したい場合は、再生後に右下の全画面マークをクリックしてください。音声はございません。
再生時間:38秒

  • 商品名:coyaの本
  • 商品コード: w-004
  • 販売価格: 1,080 (税込)
  • 作家/レーベル:windchime books

PAGE TOP