Besoin du Jardin

Top  >     >   写真集   >  Besoin du Jardin

庭とその先への眼差し。

 フランスの中南部、オーベルニュ地方にあるアーランという小さな町にある一軒家の庭を2006年から2012年までの6年間かけて撮影した写真集。庭の写真集ときくと綺麗に整った様子を想像するのですが、大塚さんが見つめた庭は、生まれ、成長し、朽ちて、絶える、「庭」ということに限定せず「自然」「生きているもの」をとらえているように感じました。この写真集には人物はうつっていません。動物は猫と鶏だけ。それでも人を感じるのはレンズを通して何かを思い、目の前のものを記そうとする大塚さんという人がいるからかもしれません。それはとても静かで、興奮しているでもなく、悲しんでいるでもなく、淡々と見つめている。思いはあっても、抑揚のないまなざしから伝えられるものは静かな絵画のようです。だからこそ、見る人が記憶に重ね、想像し、気持ちを巡らせることができるように思います。
 6年という年月を季節にわけているので、頁をめくりながら四季を通して訪ねたような気持ちになります。「庭はなぜ要るのか」タイトルとなっている問いかけは、写真集をひらいて、この庭に訪れてから答えを出してみてください。時間をかけてつくられた本です。時間をかけて答えを思い描いていただきたいです。

発行日:
2013年6月9日 第一刷
写真:
大塚日出樹
翻訳:
Magali Nosaka
デザイン:
大塚千佳子
ページ数:
112ページ
サイズ:
W204×H260 A4変形
発行:
GoodGrif
印刷:
吉原印刷株式会社

大塚日出樹 hideki otsuka
1971年生まれ。横浜在住。写真家。日本大学芸術学部写真学科卒業。2003年GoodGrief設立。cat or dieとして音楽活動もしている。
http://www.hideki-otsuka.com

本書の取り扱い店舗は大塚日出樹さんのホームページよりご確認ください。

「庭はなぜ要るのか」の様子が動画でご覧いただけます。クリックするとスタートします。大きく表示したい場合は、再生後に右下の全画面マークをクリックしてください。
音声はございません。
再生時間:41秒

  • 商品名:Besoin du Jardin
  • 商品コード: ots-001
  • 販売価格: 3,240 (税込)

PAGE TOP