濱田久美子さん、はまちゃんはSEWING GALLERYでの展示で、共に6年間スタッフとして過ごした仲間を輪っかで描きました。それも、6個の輪がかさなっている年輪のイメージとして。その展示の作品を、ブックロアからアートブックとして出版しています。

 先日行われた彼女の個展で、私がたくさん並んだ作品の中から、悩んで、悩んで手元にいただきたいと選んだのは、輪っかが重なるように描かれた果実の便箋でした。どうしてこれを?と聞かれたときに、やっぱり、はまちゃんと言えば輪っかかなと思ってと答えました。そんなこともあり、今回のためにつくってくれたのも、人を想うイメージで輪っかが重なるりんごの絵にしてくれたのだと思います。写真ではなく、ぜひ、実際に手に触れて、観ていただきたい作品です。