葉山のアトリエで永井さんの文章のワークショップを受けていた方々の思いをつづった本。この本を読んで、関西で永井さんに関わってきた人たち、そして、私はどんな風に永井さんと接してきたのだろうかと考えました。何年も経ってからではなく、永井さんが亡くなられてから、すぐ「今しなければ」と菜文さんが古川さんに相談をしてはじまった試み。こうして本となって、今後に残すことは、とても貴重だと感じました。

 私たちもそうですが、永井さんに出会った人たちは、また、それぞれ自分たちの道を歩みはじめています。永井さんに直接会うことがなかった人も、この本を手にとって、そして、何かを感じとってくれるといいなと思います。永井さんに出会って、考えたことをこれから出会う人たちに伝えていく時が来ていることを改めて思いました。