今回は綴じ込みの付録として「works – 永井宏の雲 -」と題して、冊子が入っています。選んだのは編集者の丹治史彦さん。丹治さんは普段もツイッターで一日ひとつ永井さんの詩を呟いているのだそうです。それを見た人は、その日の言葉として、永井さんから届く雲を心に浮かべるように読んでいるようです。永井さんをご存知ない方への言葉も、丹治さんは書いてくださっていますので、永井さん、永井さんと名前が出てくるが、どんな方なのだと思う方は、この本を手にとっていただけるといいかと思います。