足立珠美さんと大西雅子さんの二人で活動を行うkemania。初めて会ったのは、もう随分前になります。その時の作品として、ギャラリーの中にフェルトで作った大きなテントを展示していました。もちろん、その中には人が入ることができて、羊毛を圧縮してつくるフェルトでこんなことが出来てしまうのだと驚いたことを思い出します。

 その後の作品は、迫力があり、またとてもリアル。この天体図鑑の作品の大きさも冊子では伝えきれないぐらいの大きいもので、原寸サイズの作品をポスターにし表紙としてつけています。本は本として作品を伝えますが、やはり、この本で知った人には実際の作品を観ていただく機会につながること願っています。