odo濱田久美子さん、はまちゃんの切り絵の本をBOOKLOREから出版しようという話をすすめていています。これまでBOOKLOREの本の制作から関わることはなかったのですが、SEWING GALLERY時代からの友人とだけでは語れない、はまちゃんの本ということで、店主の計らいもあり私も形を決める段階から参加しています。

はまちゃんが、思いを寄せた場所に根を伸ばす植物たちを切り描いた作品や便箋、今回ご紹介の切り絵の葉書、そして本という形。もっともっと、いろんな方に、はまちゃんの作品を伝え届けたいという思いがあります。展示をご覧いただきたいのはもちろんですが、葉書や本という形だからこそ、時間をかけて、遠く、広く、深く届くこともあると信じています。そして、どこかで手にとってくださった方がいつか、はまちゃんに会って切り絵の作品にまつわる話を聞く機会に繋がることを心より願っています。