くまざわさんは、私が以前勤めていた京都の日本茶の喫茶室の看板やメニューの絵など、いろんなものを手がけている方としてお名前を知っていました。私が出勤している日に永井宏さんがくまざわさんと一緒に喫茶に来てくださって、その時初めてくまざわさんにお会いしました。くまざわさんは作家として絵や作品でしっかり仕事をしている方で「こんな人もいるのだから頑張りなさい」という意味も込めて紹介してくださったのだと思います。その後、私は、大阪星ヶ丘のSEWING GALLERYのボランティアスタッフとして携わるのですが、くまざわさんはギャラリーの企画展や永井さんのワークショップなど何かと参加してくださいました。遊び心も持っておられて、それでいて、いつもぶれない自分らしさがあり、たくさんの刺激をいただいています。

仕事としてだけではなく、展示という形で作品を発表したり、いろんな人との関わりからブローチなどの小物もつくられたり。「くまざわ先生って呼びなさいよ」と、あの日言っていた永井さんの声が、今でも聴こえてきそうです。もちろん、その言葉のあとにつづく言葉も胸に響くので、「はい、がんばります」と背筋をのばして答える自分が今もいます。