次で四回目のjam jam jam音楽祭。vol.2は葉山で行い、星ヶ丘ではvol.1、vol.3、vol.4の三回目。ということで、jamjam星ヶ丘実行委員で話し合ってTシャツを作るのも三回目。永井さんは毎年9月にSEWING GALLERYで開催する個展期間中に、いつも朗読と音楽のイヴェントを行っていました。「ものは誰にでもつくることができる」、誰にでもできる、とにかくやってみよう、続けてみようという、その意思を繋いでいきたい思いで音楽祭をはじめることにしました。ということで、オフィシャルTシャツは永井さんの作品や本からのモチーフをベースにしています。今回は永井さんの「マーガレットマーガレットマーガレット」の作品を中心として展示を行うこともあり、胸にマーガレットを一輪。というのは、決定したから言えることで、実は3つほどSEWING TABLE COFFEEのタマケンさんが案を考えてきてくださいました。そして集まった実行委員で投票をくりかえし、色もみんなの希望を言いあって、かなり時間をかけて決めました。できあがってみると星ヶ丘にぴったりだと思うのですが、みんなのああだ、こうだの思いのつまったデザインなのです。そのTシャツを自分が着るのも嬉しく、いろんな方が笑顔で着てくださるのもさらに嬉しく。今回の店主がつくった動画もご協力くださったみなさんのおかげで、とても愉しいものになりました。この動画をご覧いただいて、音楽祭に行ってみようかなと思っていただけるととても嬉しいです。一緒に笑っておどりましょう。一緒に笑って唄いましょう。マーガレットを胸に、大きな大きな笑顔を咲かせましょう。
永井さんは、星ヶ丘学園のあっちこっちで唄っている人がいたり、朗読をしている人がいたり、どこに行っても何かをしているような一日があるといいよね、と何度も言われていました。そんな日が実現し、こうして行い続けることができるなんて、本当に嬉しいです。思いを交わす仲間、、笑顔で集う人々、緑の風に誘われて出会う人たち、降り注ぐ日差しも、突然の雨も、この日この場所にやってくるみんなが参加者です。ぜひとも一緒に愉しみましょう。第四回 jam jam jam音楽祭、2014年9月13日、星ヶ丘学園の裏庭で行います。