このシャツは、2008年の沖縄での展示の頃からつくっているようです。まゆちゃんのつくる衣は、どれも定番として作り続けている衣。そして、ずっと着ていたいと思う衣です。それでも、作りながら、少しずつ形をかえて、より人によりそう形をみつけていることも感じます。続けているからできること、続けていくから必要なこと。ここから、山田衣のまゆちゃんからどんな衣がつくりだすのか、本当に楽しみに思います。

そして2014年の3月に大阪、北浜のビルの一室を借りてアトリエをスタートします。展示会だけではなく、来てくださる方とお話しながらお伝えすることで、出会いや気付きなど新たな扉をひらくのだと思います。気持ちを込めて誠実に手を動かすことを続けている、まゆちゃん。アトリエや展示では出会うことのできない遠くの方々にも、この雲の生まれるところから丁寧にお伝えしていきたい気持ちでいっぱいです。