昨年の12月に実店舗を行った際、Ruのセツコさんのベストを何人もの方が試着してくださいました。手にとられるみなさん本当にお似合いで、おひとりは見てすぐ、着てすぐに「これにします」と偶然の出会いが運命だったかのようにご購入。シンプルながらも、セツコさんのこうすると気持ちがいいラインが生まれるとか、ここにポケットをつけると、襟ぐりをこうすると、など細かいところへのこだわりがおすすめする私たちの気持ちを豊かにしてくれます。そして、私たちのリクエストにこたえてベストの形をそのまま長くしたジャンパースカートをつくってくださいました。こうして、一緒に生み出していくことを愉しんでくださることもまた、とても嬉しいです。

前回の春夏の衣は、AOの中西ゆう子さんがRuの衣を着てモデルをしてくださいました。そして、今回は作家ご本人が着てくださるという、私たちにとってとても嬉しい機会をいただきました。思えば「文章は誰にでも書くことができる。そして、それを自分の声で伝えること」そう永井宏さんに教わりました。私たちがご紹介する衣を作る方々はみなさん、自分が着たいものをつくっておられます。やはり、ご自身が着て伝えてくださるということは、心地よさやこだわりや繕う気持ちを伝える何よりのこと。もちろん、いろんな方が見ていただける場所だから緊張されたと思いますが、私たちを信頼してくださったことが本当に嬉しかったです。Ruのセツコさん、ノリコさん、ありがとうございました。