ノリコさんの衣は、ノリコさんご自身が着ているのを見ていて本当に気持ちよさを感じます。パンツに合わせて、首もとにスカーフを巻いて、ブローチをつけて。着ている人も、よりそう衣も気持ちよさそう。高級だからとか、名が通っているとか、流行だからとか、そんなことではなく心地いいと思うものを作り出して身につける。作り手が生み出す心地よさを、私たちからもお伝えしたいと常々思っています。ノリコさんの衣を一度着て着てみたいと思っていたところ、ノリコさんが販売分と同じ形で家にある布でつくったからとくださいました。ご紹介しているグレーのチュニックの生地違いです。私はワンピースのように着させていただいています。実店舗の際には着心地のよさを見ていただくために何度もくるくる回ってしまいました。今度はノリコさんのようにチュニックとしてパンツと合わせて着てみようと思います。いろんな楽しさを衣から教えていただけることが嬉しいです。

前回の春夏の衣は、AOの中西ゆう子さんがRuの衣を着てモデルをしてくださいました。そして、今回は作家ご本人が着てくださるという、私たちにとってとても嬉しい機会をいただきました。思えば「文章は誰にでも書くことができる。そして、それを自分の声で伝えること」そう永井宏さんに教わりました。私たちがご紹介する衣を作る方々はみなさん、自分が着たいものをつくっておられます。やはり、ご自身が着て伝えてくださるということは、心地よさやこだわりや繕う気持ちを伝える何よりのこと。もちろん、いろんな方が見ていただける場所だから緊張されたと思いますが、私たちを信頼してくださったことが本当に嬉しかったです。Ruのセツコさん、ノリコさん、ありがとうございました。