私はどちらかというと、どちらかと言わなくても、下半身ぽっちゃりどっしり体型です。だから何が一番嫌かというと服の試着というものが本当に嫌いでした。それでも購入しなければならない時なんかはお店の人に「お尻が大きく、ふとももがパンパンなので」と先に言いわけをしつつ試着室に入ります。「どうですか?」とカーテン越しに聴かれて、もとの服装のまま着られなかったと頭をさげてお返しすることも。狭い個室で汗だくになった嫌な記憶。作り手のセツコさんはとても細く、きゃしゃな体型。そんな方にも、私のようなぽっちゃりの人にも気軽に着ていただけるようにとつくっておられます。また、ご自身と同年代ぐらいの方から若い方にもと年齢もとわず。シンプルでありながら、ちょっと嬉しいこだわりを込めて、つくるご自身が愉しんでおられることを、衣を見て、衣を着て、そこここから実際に着て感じていただきたいです。

前回の春夏の衣は、AOの中西ゆう子さんがRuの衣を着てモデルをしてくださいました。そして、今回は作家ご本人が着てくださるという、私たちにとってとても嬉しい機会をいただきました。思えば「文章は誰にでも書くことができる。そして、それを自分の声で伝えること」そう永井宏さんに教わりました。私たちがご紹介する衣を作る方々はみなさん、自分が着たいものをつくっておられます。やはり、ご自身が着て伝えてくださるということは、心地よさやこだわりや繕う気持ちを伝える何よりのこと。もちろん、いろんな方が見ていただける場所だから緊張されたと思いますが、私たちを信頼してくださったことが本当に嬉しかったです。Ruのセツコさん、ノリコさん、ありがとうございました。