足立典子さんと竹原節子さんとは、私がSEWING GALLERYのスタッフをしている頃からのおつきあい。おつきあいと言っていいのかわかりませんが、とにかくお会いして10年以上になります。その頃からお二人はかわらず元気で活動的で、どんどん若々しくなっておられるように感じます。お話をしていると自分ももっと積極的に活動せねばと背中を押していただきます。
お二人の作る服は実際いつもご自身で着ているからよく見ているですが、こうしてお二人が着ていない形で手にするのは初めてのような気がします。「Ru」の手仕事を見て思うのは、SO SEA、山田衣と、我がサイトで衣というくくりでご紹介している方々は自分が着たい服をつくっているということ。まずは自分自身と会話をして、日常の中で生まれる服。だからこその説得力、力を感じます。それでいて、とても自然。みなさんの活動を見ていると、着てみたいと思うし、自分も作ってみたいという気持ちもいただきます。それは、それぞれに心地好い衣であって、作る人たちの好い表情から感じるもの。工房「Ru」のノリコさんとセツコさんの元気や心地好いものを、衣を通じていろんな方にお伝えしていきたいです。