山田衣のまゆちゃんの衣を見る時、縫い目、糸の描く線に目がいきます。薄手の繊細な布、ニットのような伸びる生地、フェルトなのどのしっかりした厚手のもの、シンプルだけど個性のある布を選んで衣にしています。これは縫うのも難しいだろうなと思う生地でも、本当に縫い目が綺麗です。まゆちゃんの気持ちがあらわれているかのような潔い糸の目で、これが山田衣なんだなと衣に対する心を感じます。欲しいから買うというより、自分への贈り物として手元にいただきたい。布に通る糸の目のように、ちょっと背筋をのばし、いつもの自分を特別に感じることができる衣です。

定番としてつくっているという麻のシャツは生地の肌触りがさらっとしていて気持ちよく、ふわりと体に馴染みます。半袖でもなく、長い袖でもなく、それでいて何か作業をする時に袖をくるくるとあげてボタンでとめることができるのも嬉しいです。男性も女性も、年齢も関係なく自然に羽織ることができます。長く大切に着ていただける一枚です。