AOの中西さんのエプロンは女性に似合う感じがするのですが、男性がつけるのもなかなかいいものです。というのは、うちの主人、つまり店主が料理をしていた時に、たびたびつけていたので。
結婚してからも、私は京都で働いていました。仕事を終えて大阪に着くのは夜の八時すぎ。駅から歩き、家のほのかな明かりを見てほっとする。扉を開けると、晩ご飯の好いにおいがして、AOのエプロンをつけた店主が美味しそうな料理を食卓に並べてくれていました。今日も一日がんばってよかった、あの時の嬉しい気持ち「ありがとう」という感謝の思いを今でもしっかり覚えています。

今は仕事をやめて私が食事の準備をしています。「いつでも料理つくってくれていいんやで」副店長の一言は、この場を借りて我が店主へ。「AOのエプロン、よく似合ってたし」。そう、男性がつけるのもなかなか好いのです。女性の皆さん、そばにいる男性への贈り物にいかがですか。