カテゴリー別アーカイブ: 取り扱い作家さんのこと

永井さんの展示など

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
雲の生まれるところも、今年もマイペースにやっていきます。ブックロアとしては、今年は2冊か3冊くらいは本が出したいなと思っています。

今月は永井宏さんの展示が東京のTAMBOURIN GALLERYで開催されます。
これがとてもとても楽しみです。

一週目と二週目で展示を入れ替える展示です。そして期間中にイベントが沢山あって、東京に住んでたら、全部行きたい。24日のトークショーにめちゃくちゃ行きたい。あぁ行きたい。しかし、24日はこちらに出店させてもらうことになっている。あぁ、行きたい。

nagaiten2015af

永井宏 ” ZUECCA REVISITED 2015 ” 展

第一週:Photograph + + + +
2015/01/20(火)〜01/25(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
写真表現をベースにした創作の変遷、[ZUECCA] in a gardenを軸とした展示です。

第二週:Drawing + words & poetry
2015/01/27(火)〜02/01(日)11:00〜19:00(最終日〜18:00)
写真表現 photographから描画表現Drawingへの移り変わり、
「words」、「poetry」との融合を軸とし 最終作品までの流れを展示します。

[EVENT]
1/20(火)
13:00〜

カフェ・コーナー:中川ワニコーヒー
◆中川勇人/「中川ワニコーヒー(永井宏は名づけ親、創業20数年)」という名で
コーヒーを焙煎し、販売のかたわら絵画を作成するアーティスト。販売の予定。

—-

1/24(土)
15:00〜

《Talk about
The Assemblage Photography & INDEPENDENT PHOTOGRAPHERS IN JAPAN》
「ZUECCA」の時代 1970~80年代の写真作品、写真集制作などについて、当時の知る関係者によるトーク。

出演・島尾伸三 安藤隆 滑川英達 進行・濱口雅彦(タンバリンギャラリー)

◆島尾伸三(写真家)/写真集『INDEPENDENT PHOTOGRAPHERS IN JAPAN1976-83』
(東京書籍)を永井宏ほかと監修。
◆安藤隆(写真家)/多摩芸術学院写真科 在学中(1970〜72)に、永井宏とともに
『ZUECCA(作品ファイル)』を製作。
◆滑川英達(編集者)/永井宏書籍『マーキュリーシティ』(1988)、
『INDEPENDENT PHOTOGRAPHERS IN JAPAN1976-83』(1989 いずれも東京書籍刊)
編集担当。

17:00〜
ポエトリーリーディング: 象の音楽(村椿菜文 イシカワアユミ)
◆象の音楽/永井宏が招集した、
ポエトリー・リーディング&サウンドインスタレーション・グループ。
メンバーはいずれも、永井宏が主宰したワークショップのメンバー。

—-

1/25(日)
13:00〜 カフェ・サービス:広瀬SWAN COFFEE
◆広瀬義智:「広瀬SWAN COFFEE」なる仮想店舗を立ち上げ、
各地でオリジナルコーヒーを提供。ワークショップ・メンバー

17:00〜
投げ銭LIVE:中川五郎(ex.20th Century’s)
◆中川五郎(フォークシンガー)/20th Centry’s(1984〜87 幻のロックバンド)
ボーカル/ギター、永井宏は、サイドギター/ボーカル。
レパートリーの多くは、永井宏作詞・作曲のもの。

—-

1/31(土)
15:00〜
Kitchen sisters LIVE
◆Kitchen sisters/永井宏が生前所属していたブルーグラスバンド。
大社優子(バンジョー) オダギリミホ(マンドリン)Dermot(バンジョー/ギター)
安部恭治(マンドリン)・佐伯卓也(フィドル)

17:00〜
投げ銭LIVE:斎藤哲夫
◆斎藤哲夫(フォークシンガー)/1970年代より現在までフォークソングを
ベースにオリジナルを歌い続けている。
1992年発表のアルバム『Dete Fabula』は、永井宏アートワーク監修

—-

2/1(日)
13:00~
カフェ・サービス:広瀬SWAN COFFEE

—-

TAMBOURIN GALLERY タンバリンギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-3-24
Tel:03-5770-2331
open 11:00-19:00(展示最終日18:00まで) 月曜休
http://tambourin-gallery.com


 

【ブックロアの出店のお知らせ】

b6e108a1

ファンタスティックマーケット×スタンダードブックストアあべの
2015年1月24日(土)にスタンダーボブックスあべの店の一周年の企画に参加させていただきます。ニシワキさんも出るんだ! 今知った! やった〜。

【日時】2015年1月24日(土)11:00~17:00
【会場】スタンダードブックストアあべのカフェスペース
【入場料】無料
【出店】油屋マルキチ、OSCOLABO、河童堂、graf、七穀ベーカリー、Sow Men.、ニシワキタダシ、PALMYRA、Masaru’s soil maker、Monique Café、和紙のオオウエ 他

スタンダードブックストア あべの
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30 Hoop6F
http://standardbookstore-a.blog.jp/archives/19538547.html


【畑尾和美のお知らせ】
hatao2015

糸で描き、言葉を綴る展覧会 畑尾和美『九月の朝顔』
2015年1月17日(土)~2月15日(日)

or dans le sable(オーダンルサーブル)
名古屋市千種区猫洞通3-7-48
TEL 052-364-9883
http://le-sable.petit.cc
営業時間 11時~19時
定休日 水曜日

ブックロアの書籍の取扱いでお世話になっております、名古屋のor dans le sable(オーダンルサーブル)さんにて、当店の副店長こと畑尾和美の展示と朗読会が開催されます。

【 朗読会】
2015年2月1日 14:00〜15:30
参加費 1,000円
ご予約はオーダンルサーブルまでご連絡ください。
le-sable@poplar.ocn.ne.jp


【取扱い作家さんのお知らせ】

1/14(水)-1/25(日)
当店でも取扱いしております。SO SEAがSEWING TABLE COFFEEで明日から、展示をします。
 SO SEA ZUBON BON 展  at SEWING TABLE COFFEE

1/18(日)
西尾勝彦さんが京都恵文社一乗寺店一乗寺店の【文芸部】に出店!

西森まりこカレンダーと西尾勝彦さんのお知らせ

DSC_0137

西森まりこさんの日めくりカレンダーをアップしました。
西森まりこさんは高知に住まれている作家さんで、一昨年、我が家も西森さんのカレンダーを高知で買いまして、日々これを眺めておりました。
「今日は○○の日」ということが、書いていて、それに合わせてイラストや写真のコラージュなどが描かれているのですが、それが何とも面白いこと書いてあったりするんです。それで、下に芸能人やら有名人の名前が必ず書いているのですが、それがその日が誕生日の方らしいのですが、その人を選ぶセンスも面白いです。オススメです。我が家はトイレの壁につけていました。オススメです。

ーーーーーーー
【取扱い作家さんのお知らせ】

nishio

ブックロアから、2010年に出版した西尾勝彦さんの詩集「朝のはじまり」が、しばらく出版社在庫がなくなっていたのですが、「朝のはじまり」のお問合せをお客様からいただくことが多くて、この度、少しだけ増刷することになりました。(雲の生まれるところでは、まだアップできておりません)。少しずつ出荷しているので、ブックロアの取扱いのお店でご購入いただけます。

それを記念してというか、このタイミングで西尾勝彦さんが、大阪玉造のバイエルで展示をしています。

西尾勝彦展 「ふたたびの朝のはじまり」
2014年12月11日〜27日 ※月〜水 14日 休み
12:00 – 20:00

期間中にイベントも開催します。

のほほんスピーチと詩の朗読
2014年12月23日(火)15:00開始
参加費:1200円(1ドリンク・奈良のお菓子付)
※要予約のため、バイエルにお問合せください。

beyer books plus library
大阪市天王寺区玉造元町14-25 【MAP
06-6625-8925
http://www.beyerbooks-pl.us

西尾さんのブログ「粥彦」

DSCN5078

こちらは、先日UMLAUTでおこなわれたritual vol.2。高野裕子さんとイケダユーコさんの実験的なイベント。前回とは内容も違っていて、よかった。二人のバランスが面白いなと思った。前回はイケダさんがすごく目立っていたのだけど、今回は高野さんがひっぱっていた気がする。次も楽しみ。
イケダさんは現在ソーイングテーブルコーヒーで展示中

話は変わって、20日のYah! ガブリエルのライブ、満席になったそうです。ありがとうございます。みなさん知った顔で安心。最近はこのライブに向けて、練習ばかり。バンドは楽しい。そして、やる度に発見がある。年に一回しかライブをしないけれど、これだけいろいろ発見があるのだから、もっと頻繁にやったら上達するような気がする。まぁ、やらないけど。

何よりうちのバンドはタマケンさんがすごい。バンドの曲の歌詞はほぼタマケンさんが書いているし、曲も半分くらいはつけてくれている。そして、今年はタマケンさんのベースがどんどん良い感じになっていて、演奏していても、歌っていても気持ちがよい。僕はギターをがちゃがちゃやっているだけで、ワンパターンすぎて、成長もなく自分でも嫌になる。テクニックなどなく、勢いだけしかない。タマケンさんは曲毎にいろいろ考えてきてくれている。とてもメロディアスなのを弾いてくれる。やっぱり何だかんだで、ベースがしっかりしてくると曲がすごくよくなる。だから、今回のライブはベースを聴いて欲しい。そして結局、女性にモテるのはギターよりベースだ! 結局、タマケンさんが一番モテる。

椿野恵里子 2015カレンダー など

DSC_0041

DSC_9899

DSC_0062

2015年のカレンダーを3種類アップしました。
上から、椿野恵里子さんしゅんしゅんさんミロコマチコさんです。

気が付けば、年末です。来年のカレンダーやスケジュール帳のことなど考える時期ですね。どれも、うちでは使っているカレンダーばかりです。我が家では、部屋のいたるところにカレンダーがありますよ。

椿野さんと、しゅんしゅんさんは、ポストカードセットも一緒にアップしているので、ぜひご覧下さい。


【以下お知らせ】

gabriel2014

順調にブログ書いていたのに、一ヶ月もあいてしまった。二週間ぐらい書いてないかなぁって、思ってたのが、一ヶ月である。気が付けば、シャムアさんの実店舗のお知らせすら、このブログに掲載していない。申し訳ない。facebookやtwitterやinstagramでは、いろいろやっていたから、書いていた気にになってました。物忘れがひどくて、うっかりミスが多くて、最近怖い。

さて、一番上の宣伝が思いっきりプライベートなことですが、今年もYah! Gabriel!(tamaken/nishikawa shirou/nakajima eyu)のライブをします。副題が今回はふざけていてとても気に入っています。
イケダユーコさんの展示がソーイングテーブルコーヒーで10日から始まるのですが、その期間中にさせてもらえることになりました。イケダさんの宣伝より上に書いてしまってすみません。
だって、同じくイケダさんの展示中に開催される青木隼人さんのライブは早々に定員になって締め切っているというのに、Yah! Gabrielは予約は数名という、、、。
ご予約は、ソーイングーテーブルコーヒーまで!(件名に『ガブリエル ライブ』とご記名ください。)

最近はこのライブに向けて、練習をしたり、去年の録音を聴いていて、去年ライブ中に展示していた坂本真衣子さんのために歌った「マイマイを憐れむ歌」の歌詞が自分で書いておきながら、なかなかうまいこと書いているなと関心する。もう歌う機会がないのが残念である。ふざけた歌詞だと、ものすごくすぐに書けるんですが、真面目な歌詞は全く書けません。今日もふざけたやつを考えようと思って、ギターを持って10分で書いてしまった。 本当はちゃんとした歌詞を書きたいけれど、結局今年は5個は詞を書くと目標をたてていたけれど、結局作った曲は一曲。初めて、自分で詞と曲もつけた歌。でもでも何かちょっと甘ったるい感じだから、恥ずかしいので、本当はもう一個作りたいのだけれど、たぶん間に合わないだろうな。


ikedayuko_st2014

これを先にお知らせすべきですが、取扱い作家であるイケダユーコさんが、大阪枚方のソーイングテーブルコーヒーで展示をされます。ソーイングテーブルコーヒーでは絵の展示は少ないですが、イケダさんの作品がどんなになるのか楽しみです。DMの絵もとても良い感じで、故郷の海だそうです。

イケダさんのことを書くと長くなりそうなので、やめますが、もう何年も作品を見続けている人です。ソーイングテーブルコーヒーの今年最後の展示、どんなになるのかなぁ。

「それは、波のようだね波のよう」 イケダユーコ個展
2014年12月10日(水)…21日(日)(月・火休)
11:00 – 18:00(10日はライブのため15:00まで)

詳しくはソーイングテーブルコーヒーのeventページをご覧下さい。
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg6.html 

そういえば、このDMの製作と最近リニューアルあるしたウェブサイトも作らせてもらいました。DMは、絵の力が、ありますので、デザインっていうほどのことはしていないですが……。まぁ、ウェブの方もいたってシンプルで真っ白なので、デザインっていうほどのことはしてないですが……。いつもまぁ、デザインっていうほどのことはしてないんです……。
ウェブサイトは彼女が日々drawingをアップする予定で、一番新しいdrawingがトップページに表示されるようになっています。
今日はこれでした↓

IKEDA YUKO

当店でイケダさんに購入していただいた、Ruのウールのワンピースの絵。とてもいいな、この絵。


nanae

続きまして、取扱いさせていただいているcazimi浜七重さんがご自身の大阪北浜のアトリエで作品展を開催します。12月21日で、北浜に引っ越しをしてアトリエをオープンさせて一年になりまして、その機会に作品展をされるそうで、クリスマスオーナメントや冬の新作鞄などが並ぶみたいです。クリスマスの季節を思った、七重さんならではの作品、楽しみです。

「HOME」暮らしを彩るあたたかな手仕事の作品展
2014年12月12日…21日 (close16)
12:00 – 19:00
アトリエの場所などcazimiのウェブサイトをご覧ください。
http://www.nanae-sr.com


GECKO

こちらも取扱い作家のgecko ニシカワアツコさんが、鳥取の「一月と六月」で開催される織りをされている方5名のグループ展に参加されます。鳥取の近くの方はぜひ。当店取扱いのローゼンコンのポットマットもあります。ニシカワアツさんは、21日に在廊されるそうです。

「真冬のおしたく展」
2014年12月11日(木)…24日(水)
11:00-18:00 ※23(祝)はOPEN

会場の場所など詳しくは「一月と六月」のウェブサイトをご覧下さい。
http://ichiroku16.com

織布geckoのウェブサイト
orinuno-gecko.net


dm2014

BOOKLOREが大阪・南港ATC で開催されるデザインマルシェに出店します。iTohenさんとGULIGULIさんと協同という形で出店させてもらえることになりました。本を並べますので、土日、お時間ある方はぜひお越し下さい。

「デザインマルシェ」
2014年11月29日(土)と30日(日)
11:00-18:00

詳しくはオフィシャルサイトをご覧下さい。
http://design-marche.net

くまざわのりこさん

DSC_9202

くまざわのりこさんのブローチをアップしました。
このブローチは、くまざわのりこさんがずっとやっている、糸を置いて描く手法(絲会[いとえ])で作られていまして、とてもとても繊細で素敵なブローチです。

くまざわのりこさんは、ずっとこの場所で紹介したかった人です。というか、大先輩なので僕なんかが紹介しなくてもいいのかもしれないですが、僕にとってはいろいろと特別な思いのある方です。それで、今回こうやってご紹介できたのは本当に嬉しいです。

くまざわさんの作品は以下のURLに載っているのでぜひぜひ観て下さい。
http://i.fileweb.jp/kumazawanoriko/

何だか今日も、文章が長くなりそうな予感ですが、くまざわさんとの出会いからはじめてしまっていいでしょうか。めんどくさくてすみません。
くまざわさんと出会ったのは僕が大学3年生で20歳だった、2000年です。永井宏さんが、大阪、神戸、京都とモノ作りのワークショップをされていた時で、僕は京都のワークショップに通っていまして、そこでくまざわさんと出会いました。あの頃、くまざわさんはいくつだったのか知りませんが、年上のお姉さんという感じで、いつの間にかとても仲良くしてもらったのでした。

僕は、ごくごく普通の理工学部の学生だったので、アーティストと呼ばれるような人たちに出会ったのは、そこが初めての経験で、絵を描いてお金をもらっている「イラストレーター」という横文字を知ったのもその時でした。当時の僕は本当に無知で(今もだけど)、職業と言えば、サラリーマンとか公務員とか、先生とか、八百屋、床屋とか、自分の生活で出会うような職業しか知らなかったので「グラフィックデザイナー」とか「イラストレーター」とか、そういう職業があるのも20歳まで知らなかったのです。なので、専門学校でそういうのを習っている学生さんとかに、最近会ったりすると、みんなそんなんどこで知るんだろうって思うことがあります。高校生の時にそういうの知っているってことだもんなぁ。高校の時とか、僕なんて自分の頭の中にある職業の選択枠の数が少なすぎて、学校の先生になりたいなぁって漠然と思っていたくらいでしたよ。あの時、世の中の職業にいろいろと興味を持っていたら、進む道も違っていたのかもしれません。

話が脱線していますが、そんな頃に出会った、イラストレーターのくまざわさんと、ワークショップの会場に顔を出していた同じくイラストレーターのナカムラユキさん、美術作家の永井宏さんは、僕にとってはまるで芸能人のようでした。毎回、ふわふわとした気持ちでワークショップに顔をだしていました。

それから、二年後。なんだかよくわからないうちにソーイングギャラリーの代表をすることになるわけですが、ギャラリーを始めた初期は、展示の予定が埋まるわけではないので、様々な展示をこちらで企画してスケジュールを埋めていきます。その中でくまざわさんの個展もお願いしました。それが、また良い感じにまとめてくださり、期間中にワークショップも開催して、ギャラリー初期の展示としては、充実した内容な展示だったのをよく覚えています。

話は変わりますが、僕は人に怒られることが、ほぼないです。四人兄弟の3番目ということで、兄2人が親に怒られているのを見ていたせいか、怒られないようにする能力がついたのかもしれません。大学を出てから、中学校で理科の非常勤講師になるのですが、その時もひとりの先生として、他の先生からは見られるので、怒られることもなかったですし、ソーイングギャラリーもいきなり代表だったので、上がいるわけでもなく、どちらかと言えば怒るというか、いろいろ人に言わなければいけない立場だったし。それからも就職をまともにせず(ひどい人生ですね)、独りでノンビリと仕事をしちえるので、怒られた経験というのが少ないです。

星ヶ丘学園の園長先生や、永井宏さんから、よく怒られたとかを周りの人からも聞きますが、ソーイングギャラリーをしていた時に、二人から怒られたことも一度もなかったですから、すごくうまくかわしているのか、「怒らないで!」オーラをだしているのか、どちらかでしょうか。
ただ、唯一くまざわさんだけには、よく怒られました。怒られたというと、あまり聞こえが良くないですが、いろいろと教えてもらいました。だから、くまざわさんは何かすごく特別な存在として、僕の中であるのだと思います。

今でも本当に感謝していることがあって、ギャラリーをやって2、3年してからだと思うのですが、その頃ギャラリーによく来られていた方が、別のギャラリーで個展をされるというので、案内状をもらったのですが、僕も含めギャラリーのスタッフがその展示中に誰も行く事ができなかったことがありました。その方の会期が終わってから、くまざわさんから電話があって、ギャラリーのスタッフが誰も行っていなかったことを知らせれて、そしてとても怒られました。その当時、僕もプライベートの時間なんて全くない生活だったし、若かったのもあったのか、それを素直に受け入れられず、何か言い返してしまったような記憶もあります。そして話しながらも、他のスタッフが行っていないことまで、何で僕が言われなきゃいけないんだよ心の中でつぶやいていたりもしてました……。でも、よくよく考えれば、8人もいるスタッフのうち、話し合えば誰かが行けたし、自分も忙しいとはいえ、住んでいたところから、30分もあれば行ける距離だったので、何とか時間は作れたなと反省しました。そんなことがあってから、人の展示にはなるべく足を運ぶようになり、そこから人の繋がりを丁寧に大切にしていかないといけないなというのを強く教えられた気がします。だから、その時に言ってもらえたことには、今はものすごく感謝していますし、あの時のことをよく思い出しています。

あと、自分でギャラリーのDMを作り始めて最初の頃に、ギャラリーでやっていた永井宏さんのワークショップの展示のDMを作った時も、こっぴどく指摘され、いろいろ直されたのも、すごく覚えているなぁ……。デザインなんて全く知らなかったから、ちゃんと考えて作らないといけないんだなとその時も勉強させられました。僕は人に教わったりするのが苦手で、黙々と独りでやってしまうしところがあって、人から何やかんやと指摘されることが少ないので、こうやって人に教えられることはとても貴重なんです。

くまざわさんは、僕にとっては唯一と言っていいほど、怒ってくれる人なのです。こんな風に書くと、印象悪くなりそうですが、怒るっていっても悪い感じじゃないですよ。しっかりと違うところは違うと教えてくれる信頼できる人です。会ったことのある方は、わかるとは思いますが、ご本人は、とてもとても穏やかな方です。

この話はこれくらいにしておきまして、くまざわさんのブローチの話をしないといけないですね。くまざわさんは、僕が出会ったころから、この糸を置いて絵を描く手法でされているので、いったいどれくらい続けているのかは知りませんが、とても繊細で、不器用な僕なんかには到底作れないものばかりです。いつか、この絲会(いとえ)の手法で作られた作品を自分の手元に欲しいなぁって思っていたのですが、ある時、モリカゲシャツさんでくまざわさんが展示をされていた時に、このブローチがあって、一目惚れして購入させていただきました。僕はブローチはつけないので、副店長がつけておりますが、くまざわさんの作品が手軽に買えるという喜びが、この時は大きくて、一個でなく、何個も買おうかなと思ったくらいです。買ってないけど。

そんなわけで、長々と書きましたが、くまざわさんは僕にとって、20歳の頃から師匠のような、姉さんのような存在で、きっとそれはこれからも変わらないのだと思います。そして、これからくまざわさんが作り出していくものも、また楽しみですので、他にも何かこの雲の生まれるところでご紹介できればいいなと思います。あと、いつか何かの形で仕事も一緒にできればいいなとも、おこがましくも思っていて、それはまだまだ僕は力不足なので、もっと頑張らないといけないです。でもきっと、くまざわさんと仕事をするような事があれば、またたくさん勉強させてもらえるのだろうなって思います。本当に丁寧で、妥協をしない方です。しかし、もし一緒に何かすることになることがあれば、僕は緊張して駄目かもしれません……。

ーーーーー
以下アップの情報

佐藤貢さんの書籍「旅行記(前編)」をアップしました!
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=333

DSC_9317

漂流物などで作品を制作して発表している佐藤貢さんが若い頃に旅をした時の記録をまとめた一冊の前編です。とっても面白いですよ〜。若い時って、何であんなに無茶できるんでしょうね。今からでも無茶できるかなぁ。無茶したいなぁ。あぁ〜無茶苦茶したい。
今回雲の生まれるところで取り扱っている本は佐藤さんご本人のサインが入っています! 限定10部です。ぜひ!

ーーーー
期間限定店舗のお知らせ

まだ詳細は決まっていませんが、来月の11月に期間限定の出張店舗をする予定です。場所は今回は大阪北堀江のシャムアさんのギャラリースペースです。期間は11月9日〜16日です。いつもさせていただいているUMLAUTさんようにスペースが大きくはないので、全部を持って行けるかわかりませんが、また直接お客様とお会いする機会を作れたらと思いまして、急遽シャムアさんにお願いしました。また詳細が決まり次第ご連絡します。期間中は僕か副店主のどちらかが行っています。シャムアさんも僕にとってはとてもとても特別な場所です。良い時間になればいいなと思います。

お知らせとみのり市

このブログの目的は、関わりのある人たちのお知らせを載せることなのですが、秋はいろんなところでいろんなことがあったりで、お知らせを逃したものもあって、申し訳ないです。まとめて、お知らせします!

ーーーー

スフルDM表

「assemble le soufflé 展
スフルから星ヶ丘へのスーベニール」

2014年10月1日 ~10月12日
月・火休廊 12時~18時 最終日 17時まで
ソーイングギャラリーにて

assemble le souffleとは「風を集める」という意味の造語で、美術作家、故永井宏さんが葉山で始めたワークショップの総称です。『誰でもつくったり表現することができる』と口にしていた永井さんのアトリエに集まったメンバーたちは、ワークショップが解散した今もそれぞれがそれぞれの形で制作活動を続けています。
今回の展示のテーマは、「スフルから星ヶ丘へのスーべニール」です。スフルのメンバーは各々会場である星ヶ丘に想いがあります。それぞれの気持ちを込めて作品を発表します。

【参加者】
イシカワアユミ 大石俊六 坂本真衣子 古川久美子
廣瀬義智 山田潤 Good Things Project(村椿菜文 大塚ぶん)

葉山の永井宏さんのワークショップに通っていたメンバーによる展示です。永井さんは、サンライトギャラリーというギャラリーを昔していて、そこでよくやっていた企画展が「スーベニール展」というもので、何人かの作家がお土産として持ち帰れる(購入できる)ような作品を作って、展示するというもの。
先日、この展示を見てきまして、僕もいくつかお土産を持ち帰りました。神奈川の人たちの作品は、また関西の人たちとは、ちがっていて、何だかかっこ良く感じしまうのは、東への嫉妬でしょうか。まぁ、僕も神奈川県出身ですが。
当店で取り扱いをさせていただいている、坂本真衣子さんの作品や、村椿菜文さん古川久美子さんのスーベニールもございます。

ーーー

92f1083c8381815b83w

guide to plants
納屋窓植物図鑑 odo 濱田久美子 切り絵展

2014年 10月1日 (水)〜10月19日 (日)
SEWING TABLE COFFEEにて

切り絵の便箋の取り扱いをしているodo 濱田久美子さんの展示。星ヶ丘学園の庭にある植物を切り絵にしています。便箋にしているものと、額に入れているものがありました。
たまに、odoさんお店の片隅で珈琲でもすすっていると思いますので、ぜひ声かけてください。おどおど説明してくれると思います。作品もまた素晴らしかったです。

ーーーー

scene_omote

「scene」
山田衣 2014A/W 展示受注会

2014年10月3日〜10月21日 アノニムギャラリー(長野)
2014年10月17日〜26日 山田衣アトリエ(大阪)

洋服の取り扱いをしておりますyamadengoromoさんが、長野と大阪で秋冬ものの展示受注会をします。現在長野では開催中です。新作が並びますので、ぜひぜひ試着してみてください。
大阪では、ご自身のアトリエでの初めての受注会になります。北浜の古いビルの一室で雰囲気ありますので、ぜひぜひ訪ねてみてください。同じ階には浜七重さんのアトリエもあります。

ーーー

そして、お知らせを逃してしまったのが、画家のTacoさん城下浩伺さんが二人で12月の行う、二人展のために行っていた公開制作。ミリバールギャラリーで先日まで開催されていました。作家がものを作っている現場に立ち会う機会というのは、何とも珍しいことかもしれないので、お知らせしたかったのですが……。すみません。つまらんブログなど書いている場合ではなかったです。僕もちらっと観てきました。制作途中のものを観て、出来上がりを想像するのもまた面白いものでした。(僕が観てた作品はボツになったらしいけれど)

公開制作は終わってしまいましたが、展示が12月にiTohenとラガルリで開催されますので、ぜひ!
http://act-art.jp

ーーー

スクリーンショット 2014-10-07 12.11.05

そして、最後にブックロアで、「阿倍王子神社 あべの王子みのり市」に出店します。みのり市は11日と12日の二日間開催されますが、ブックロアでは、11日出店します。ブックロア以外にも、ソーイングテーブルコーヒー、odo濱田久美子さん、坂本真衣子さんも11日のみ出店する予定です。

晴れるといいですが、雨だったらどうなるんだろうなぁ。このメンバーは誰もテントとか持って行かんだろうから。気合いで乗り切りそうである。

食べ物など、早めに無くなってしまう(去年、それを知らずにゆっくりしていたら、あまり食べられなかった)ので、お腹を満たしたい方は、早めに来てもらうと良いかもしれません。ブックロアの本は売り切れませんので、ゆっくりでも大丈夫です。

詳しくはオフィシャルページをご覧下さい。
http://minori-ichi.net/index.html

扇風機を出した

今日は扇風機を出した。
われわれは宇宙人だはやっていない。

さて、青の「My Dining」の出荷の方も一段落しておりまして、少しずつ世の中に、本が行き渡っています。BOOKLOREはなるべく長く、じっくり売って行きたいという気持ちもあるので、ここからはじまった本の旅は何年も続きます。ここ数日で出荷した本を今日読んでくれた方もいるだろうし、3年後にやっと手に取ってくれる人もいると思います。どちらも、その人にとっては、初めての本との出会いです。時間が経ってものでも、しっかり伝わっていくような本が作れたらいいなといつも思っています。My Diningはレシピ本だから、台所にいつもあるような本になるのでしょうか。醤油とか、ソースとか、油のシミとか沢山ついたりするかもしれません。実用書だから、線をひいたりメモをすることもあると思います。そうやって、人の生活の中で、その人に染まっていくのも実用書の面白いところかもしれないです。

「My Dining」はメモなどを書き込めるようにです。レシピ部分に余白を多く取ってレイアウトしています。青の中西さんも、掲載しているレシピ通りに作るのだけではなく、アレンジを加えて、自分なりのレシピを作って欲しいという気持ちがあります。そういう意味でも、本を読む方が、自分なりの本に育ってていってもらえるようになったら嬉しいなと思います。

ーーーー
現在「My Dining」を直接取扱いいただいているお店
http://kumonokouba.com/blog/my_dining/

雲の生まれるところでもアップいたしました。
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=294

ーーーー
その他のアップ情報

My Diningのイラストを担当しているイケダユーコさんのポストカード3枚セット
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=297

画家のTacoさんの絵画とポストカード5枚セット
http://kumonokouba.com/products/list.php?category_id=70

詩人 小鳩ケンタさんの詩集「檸檬のピーチ」
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=295

詩人 西尾勝彦さんの私家版「ほんやりをたのしむ」
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=289

yamadengoromoさんのリネンのコート
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=287

 

ーーーー
取り扱い作家さんの展覧会情報

「今井美智ガラス展」
2014年7月19日〜8月31日
9:00 – 19:00 会期中無休
場所:高澤ろうそく店
http://www.takazawacandle.jp

ガラスの取り扱いのある今井美智さんが石川県七尾市の高澤ろうそく店さんで展覧会を開催します。お近くの方はぜひ足をお運び下さい。

レシピの感想お待ちしております!

新しく本を作らせてもらって、少しずつ出荷の準備をしております。そして、取り扱い店舗様からも、ご注文をいただいて、少しずつ世に「My Dining」が流れていっています。この本も、長く愛される本になればいいなと思います。ぜひこの本のレシピで料理を作った感想などを聞いてみたいです。どしどし、そういった感想もお待ちしております。

本の情報もブックロアのホームページに掲載しておきました。
http://booklorebooks.net/detail_mydining.html

それで、まだ全然出荷が出来ていないので、手に入れられるところは限れておりますし、雲の生まれるところのサイトに掲載するのは、取り扱い店舗様への出荷作業が落ちついて、少し経ってからアップできればと思いますので、もしお近くにブックロアの取り扱い店舗がある場合は、お問い合わせいただきまして、ご購入下さい。

ブックロアの取扱店

もし、お近くに取り扱い店舗が無い場合は(掲載店舗でも書籍が無い場合)、今回の本はお近くの一般書店でも取り寄せが可能です。
以下のISBNコードと書籍名などをお伝えいただければ、一週間ほどで取り寄せてくれるかと思います。
ISBN978-4-9903667-5-9 C0077

ーーー
以下更新情報

1-5-lイラストレーターのニシワキタダシさんの紙ものセットをアップしました。
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=266

もはや説明不要な、イラストレーターのニシワキタダシさんが今まで作ってきた紙をセットにして、少しお得な価格で販売していています。セットの中に一枚だけサインを書いてもらいました。近所に住んでいるので、これからもいろんなものを取り扱わせてもらえたらなと思っています。

ニシワキさんのホームページ
http://www.smoca-n.com

最新刊「こんなときのどうするの辞典」
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4483

05140127_5372480aa408f

鋳造で作品を制作されている田中祐江さんの作品をアップしました。
http://kumonokouba.com/products/list.php?category_id=68

鋳造とは、ロウなどで成形した形を石膏などで型をとって、そこに融かした金属を流し込む、形を作る技法で、田中さんとは昔ソーイングギャラリーをしていた時に個展をしれた際に知り合いました。その頃は、まだ金沢の学生でしたが、今は岐阜の方で講師もされており、制作活動も続けています。僕もソーイングギャラリーを、まだはじめたばかりの頃に田中さんの作品を見て、えらく感動しまして、その光景はずっと頭に残っていたため、今回お取り扱いをお願いしました。

その時の個展様子がコレです。
04tanaka1

ギャラリーに砂を盛って、そこに鋳造で作った花を植えていました。枯れた花のようだけれども、金属なのでもちろん枯れないわけで、そんな感じがとても好きでした。

鋳造というのは、設備がかなり大掛かりになるため、今は学生の頃のように大きな作品は、作る機会は少ないようですが、でも扱わせてもらった青銅の皿の作品からは、この頃から続く、田中さんの中にある作品づくりのコンセプトのようなものが見えてきます。

ーーー
以下取り扱い作家さんのこと

omote

 

副店主こと、畑尾和美が枚方のソーイングギャラリーで個展を開催します。

「その ひとつ から」畑尾和美個展
6/25(Wed.) ~ 7/7(Mon.)  12:00~18:00

期間中に朗読会と毎年恒例の七夕のイベントも開催します。

朗読会 7/6(日)SEWING TABLE COFFEEにて
19:00より1時間ほど。AOの中西ゆう子さんのお菓子とSEWING TABLE COFFEEの飲み物、灯りを囲んでのあたたかな会を思っています。
参加費:1500円
ご予約:ソーイングテーブルコーヒー タマイ tamaken@mac.com

七夕 7/7 (月)
七夕には星ヶ丘学園土の裏庭で、夜店、七夕の朗読、 キャンドルの点灯を行います。一年に一度の七夕の夜を静かにゆっくり過ごした いと思います。

イベントの詳細等詳しくは畑尾和美のホームページをご覧下さい。
http://hataokazumi.net

fukui

豆灯ロウソク展「草原の灯」 福井あゆみ
6/25(水)〜7/7(月)
 at SEWING TABLE COFFEE

ロウソクのお取り扱いをさせていただいている豆灯の福井あゆみさんが、ソーイングテーブルコーヒにて、畑尾和美と同じ会期でロウソクの展示をいたします。様々な種類のロウソクが並ぶ予定で、7/6,7には北海道から福井あゆみさんがいらっしゃるそうです。

こちらも詳しくはソーイングテーブルコーヒーのホームページをご覧下さい。
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg6.html

ーーー

以下日記

最近、人にブックロアを何年やってるんですか? とか 今まで何冊出したのですか? とか 聞かれることがあるのですが、何年やってきたのか、何冊出したのとかも全く把握してなくて、「5,6年かな」とか「10冊くらいかな」とか、だいたい曖昧に答えてしまうのだけれども、いったい僕何年やってるんでしょうか。で、何冊作ったかぐらいは把握しておこうということで、この前、ブックロアのホームページに掲載している本の数を数えたら、今回の本で18冊目でした。本当に10冊くらいかと思ってたので、意外と出しておりました。記念日とか、何周年とか、そういう数字に興味がないようで、人の誕生日とかも覚えられないし、自分の年齢を聞かれても、パッと答えられないので、どうでもいいのでしょうね。

昨日からはじまりました。

10354492_1405724686381784_1737018403_n

昨日から、10日まで大阪堂島のUMLAUTではじまりました。simple wood product at UMLAUTです。家具のある空間は落ちつくようで、来られた方は皆さん、椅子やソファに座ってノンビリしてくださいます。今すぐ、家具を購入したいという方は、なかなかいらっしゃらないかもしれませんが、いつか家具が必要になった時に、simple wood productの家具の座り心地とか、感触を思い出してもらえたらいいなと思いますので、どんどん触ったり座ったりしてみてください。

前回の実店舗とは違って、今回はお店というよりは、我が家に遊びに来てもらうような感覚に近いかもしれません。来て下さった方も、本当にのんびりしてくださいました。赤ちゃんや小さいお子さんも来て下さったのですが、ソファで眠ったりしてくれていましたよ。

昨日は、江見さんも16時過ぎから来られておりまして、相談にのりたいという方もいらっしゃって、お話していました。江見さんは、丁寧にいろいろと相談にのってくれます。ただ、期間中ずっとはいないので、もしいない時に来られた時は、僕らがお話しを聞きまして、江見さんに繋げます。江見さんがいる日は、あと7日、8日、10日です。10日は少しだけ遅れるそうなので、14時以降とかですと確実かと思います。

ーーーー
取り扱い作家さんのお知らせ

2014lelebagWebImage150

 

LE season 7
Totebag and More
2014年6月4日(水)〜15日(日) 11:00 – 18:00
月・火休み

SEWING TABLE COFFEE
http://tamazkue.sakura.ne.jp/pg1.html

 

こちらも昨日からはじまりまして、LEことレーレー梅男さんの鞄展です。
大阪枚方のソーイングテーブルコーヒーにて。レーレーさんも本日5日と7日、8日は沖縄からかけつけて、星ヶ丘にいらっしゃるそうです。今回もどんな鞄が届いているのか楽しみです。
しかし、レーレーさんの鞄もどんどん我が家に増えていく。今回は我慢しようかとか思いつつも、500円貯金を使っちゃうかもしれない。あ、そう言えば先日クレジットカード会社のキャンペーンか何かで、勝手に1万円が当選してたのだった。使ってしまおうか……。

クレジット会社からある日、10,000円が振り込まれてて、何かの間違いかと思ったら、次の日「キャンペーンに当選しました」っていうメールが来てたのです。そういうのに応募した記憶が無いし、どう考えてもこれは怪しいし、詐欺だろうということで、ネットで調べると、勝手に振り込んで、後から利子をつけて返せという、訳の分からん「押し貸し」という詐欺もあるというので、怖くなり、クレジット会社に電話て問い合わせてみたら、本当にそういうキャンペーンがあって、当選してたのでした。このタイミングにこういうのに当たっちゃうのは、やはり鞄を買いなさいということなのだろうか。焼き肉でも食べに行こうかと思っていたが……。

ながしまゆうこさん

DSC_6739ながしまゆうこさんの紙ものをアップしました。
ながしまさんは、消しゴムハンコの作家さんで、以前からハンコを取り扱わせていただいております。もともとは、ハンコそのものを販売することはせず、今回アップしたような葉書などに手作りのハンコを押して発表していました。だから、これが本来のながしまさんの作品ということになるかと思います。ひとつひとつに物語のある、絵柄になっています。

さて、今回もイラストがヘタクソすぎて嫌になるのですが……。紙ものを描くのが難しいですね。立体物の方が描きやすいのです。絵を絵にするというのが、そもそも間違っておるのですが。

しかし、スローペースのアップばかりですみません。いろいろと溜まっております。
5月はもう少しアップしたいものがいくつかありますので、また懲りずに見てやってください。

ーーーー
以下お知らせ

2014-t-shirts-web

SEWING TABLE COFFEEの店主玉井健二さんがTシャツ展と船の展示をします。
毎年、この時期にTシャツの展示をしているのが恒例となっておりますが、今回は船の作品も制作して販売するそうです。こうやって発表するのって、いつぶりでしょうか。かなり久しぶりな気がします。ぜひ! 僕もなんだかんだと、毎年タマケンさんのTシャツを着ているし、3日に1回は着ている気がします。やっぱり長袖Tシャツがいいので、今年も長袖あるといいなぁ。

SO SEA SEW
tamaken 青空 Tシャツ展 at SEWING TABLE COFFEE
2014 5/28(水)〜 6/1(日)
http://tamazkue.sakura.ne.jp/cn11/pg6.html

スクリーンショット 2014-05-16 0.34.19素描家のしゅんしゅんさんが高知のvillageというイベントに今週末に参加されるそうです。
音楽や食やクラフトなどお祭りのようなイベント。これは楽しそう、行ってみたい……

しゅんしゅんさんはこちら
http://village-kochi.com/archives/1208

10306382_319775651532547_2191174031381907943_n

10368224_319775664865879_7932270865963463191_n

ガラス作家の今井美智さんが、ガラス展を今週末より開催します。
ガラスの季節がやってきました〜。
http://shingoster.com

 

ーーー
以下日記

昨日は星ヶ丘へ。学園の会議に参加。これからのことを話す会議。実は法人の評議員ということで、園長に誘われたので、顔を出したのですが、話しを聞いていて、いろんな人たちの知恵が集まって、きっとあそこは大切に残されていくのだろうなと思った。そして僕は、その中にはいないのだろうなとも思った。会議に参加していた方達と熱が全然違ったから。と言いつつ、いつまでも端っこの方にいるかもしれないけれど。

FRY TO THE GOOD OLD FASHION Vol.6

mato_itohen_flyer

 

宮下ママレード&her マトリョシカBoys レコ発ライブ
LIVE at iTohen

2014年5月4日(日)17:30開場 18:00スタート
2000円(1ドリンク付)
定員:30名(要予約)

初のオリジナルアルバム「jam jam jam」ライブツアー
今回は大阪いとへん Books Gallery Coffeeにて演ります
内容はCD収録曲の披露とGOOD Old Jazz Musicの二部構成

iTohen いとへん
大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル 1F
Tel 06-6292-2812
http://skky.info

【ご予約・お問い合わせ】
ご予約/お問い合せは、お電話:06-6292-2812(iTohen) または
ito_hen@skky.infoまで ご連絡をお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

当店の取り扱い作家でもあるLeleさんこと、レーレー梅男さんが率いる、宮下ママレード&herマトリョシカボーイズのライブが大阪のiTohenさんでゴールデンウィーク中の5月4日の夜に開催されます。昨年の11月にウリポレコード(beyerとBOOKLORE共同の音楽レーベル〈架空〉)から発売された「jam jam jam」をひっさげてのライブです。CDで聴くのも良いですが、やっぱり生で聴くのが一番良いです。

ちなみにこちらは以前、別の場所で開催された時の写真です。
楽器もいろんなものが演奏されていて、楽しいですよ。

DSC_5439

さてさて、今回はiTohenさんでのライブということで、普段のライブハウスとは違う場所なので、レーレーさんはどんなライブに仕上げてくるのでしょうか。とても楽しみです。チラシには便船を作っている玉井健二さんの顔もあるので、出演されると思うのですが、タマケンさんのGibsonの古いギターも渋くて、あれを抱えている姿がかっこ良いです。あとノブうどんのノブさんものマンドリンソロも必聴です! いつもノブさんに会っているけど、マンドリン弾いている姿を見た事ない方。一度ぜひとも見てください。すごいですよ。