月別アーカイブ: 2014年12月

ライブが終わって年末

先日、ガブリエルのライブが無事に終了しました。温かい人たちが今年も沢山聴いてくれて、そしてソーイングテーブルの恵美さんのお陰で、気持ちよく演奏が出来た。来て下さった皆様ありがとうございました。
しかし、毎年、録音を聴くと、落ち込む。動画も録っているのだけど、動画はまだ観ることができない。さらに落ち込むだろうから。

昨年の録音を聴いて、自分のギターの音が厚かましいほど、前に出てて、聴いていてしんどかったので、今年は「大人しく弾く」を心がけていたのだけれど、演奏しはじめたら、そんな事を忘れてしまっていて、また前に出てしまった。出たがりな性根なのね。そして、落ち込む。遊びではじめたことですが、何でこんなに落ち込むし悔しいのだろうか。一年に一回だけやるから、特にそうなのかもしれない。何か自分ではもう少しうまく弾けてたりするイメージなのですが、何か全然イメージとかけ離れていて、ビックリする。

でも、練習から本番まで、とにかく楽しかったし、よかった。ギターも歌も上手くなりたいなと思えるから、また今日もギターを触って歌う。幸せなことなのだろうね。いつの間にか、こんな大人になっちゃったね。誰のせいだろう。今回はイケダユーコさんの展示中で、彼女が書いた詩に曲をつけさせてもらった。これが評判よかったし、気に入っていている。もう少し改善して、良い感じに仕上げたい。そしてもっと 、いろいろな曲を作ってみたい。詩も書きたいな。来年こそ、5曲作るを本当にしよう。今年は5曲作ると言っておきながら、1曲しかできず。その一曲も、初めて詩と曲をつけてライブで歌ったら、何だか変な気持ちだった。自分で書いたものを歌うっていうのは、こんなに恥ずかしいものなんだと知った。それにも慣れよう。これが評判よかったし、気に入っていている。もう少し改善して、良い感じに仕上げたい。そしてもっと 、いろいろな曲を作ってみたい。詩も書きたいな。来年こそ、5曲作るを本当にしよう。今年は5曲作ると言っておきながら、1曲しかできず。その一曲も、初めて詩と曲をつけてライブで歌ったら、何だか変な気持ちだった。自分で書いたものを歌うっていうのは、こんなに恥ずかしいものなんだと知った。それにも慣れよう。

話は変わって、今日は来年出版予定の本について、odoの濱田さんと本の打ち合わせ。前々から本を作りたいと声をかけてもらっていて、やっと具体的に動き出す日。まだイメージが完全には固まっているわけではないけれど、話をする中で、何となく見えて来た気がする。濱の切り絵の良さが、ちゃんと伝わるように作るにはどうしたらいいのか、そして、ブックロアらしい一冊になるようにと考える。濱は、昔から知っているし、気の知れた人なので、言いたいこと言い合って、良いもの作れたらと思う。本は、作家だけで作るものではなく、編集者と一緒に作るもの。今回は、畑尾和美が編集担当します。濱と同級生コンビの本がどう仕上がるのだろうか。

とにかく来年早々からこの本をどんどん進めていく。そして、もう一冊作る本がある。手を動かさなかったら、船は勝手に進んではくれない。自分たちで漕いでいくから船は進む。波まかせとはいかない。

年末年始の出荷業務停止期間のお知らせ

———-
年末年始の出荷業務停止期間のお知らせ
以下の期間は、ご注文品の出荷業務を停止します。

出荷業務停止期間:12月27日〜1月5日
※26日以前のご注文で、お支払い方法が先払い(銀行振込等)の場合は、ご入金のご確認が26日までに出来ない場合は、年始の配送となります。どうぞご了承ください。

なお、上記の期間中でもオンラインストア上でご注文は承っております。
年末年始の休業日中にご注文いただきました商品についての受注確認メールやお問い合わせいただいたメール等は6日以降にお返事させていただきます。発送も6日以降となります。
どうぞご了承ください。

良いお正月をお迎えください!
———-

西森まりこカレンダーと西尾勝彦さんのお知らせ

DSC_0137

西森まりこさんの日めくりカレンダーをアップしました。
西森まりこさんは高知に住まれている作家さんで、一昨年、我が家も西森さんのカレンダーを高知で買いまして、日々これを眺めておりました。
「今日は○○の日」ということが、書いていて、それに合わせてイラストや写真のコラージュなどが描かれているのですが、それが何とも面白いこと書いてあったりするんです。それで、下に芸能人やら有名人の名前が必ず書いているのですが、それがその日が誕生日の方らしいのですが、その人を選ぶセンスも面白いです。オススメです。我が家はトイレの壁につけていました。オススメです。

ーーーーーーー
【取扱い作家さんのお知らせ】

nishio

ブックロアから、2010年に出版した西尾勝彦さんの詩集「朝のはじまり」が、しばらく出版社在庫がなくなっていたのですが、「朝のはじまり」のお問合せをお客様からいただくことが多くて、この度、少しだけ増刷することになりました。(雲の生まれるところでは、まだアップできておりません)。少しずつ出荷しているので、ブックロアの取扱いのお店でご購入いただけます。

それを記念してというか、このタイミングで西尾勝彦さんが、大阪玉造のバイエルで展示をしています。

西尾勝彦展 「ふたたびの朝のはじまり」
2014年12月11日〜27日 ※月〜水 14日 休み
12:00 – 20:00

期間中にイベントも開催します。

のほほんスピーチと詩の朗読
2014年12月23日(火)15:00開始
参加費:1200円(1ドリンク・奈良のお菓子付)
※要予約のため、バイエルにお問合せください。

beyer books plus library
大阪市天王寺区玉造元町14-25 【MAP
06-6625-8925
http://www.beyerbooks-pl.us

西尾さんのブログ「粥彦」

DSCN5078

こちらは、先日UMLAUTでおこなわれたritual vol.2。高野裕子さんとイケダユーコさんの実験的なイベント。前回とは内容も違っていて、よかった。二人のバランスが面白いなと思った。前回はイケダさんがすごく目立っていたのだけど、今回は高野さんがひっぱっていた気がする。次も楽しみ。
イケダさんは現在ソーイングテーブルコーヒーで展示中

話は変わって、20日のYah! ガブリエルのライブ、満席になったそうです。ありがとうございます。みなさん知った顔で安心。最近はこのライブに向けて、練習ばかり。バンドは楽しい。そして、やる度に発見がある。年に一回しかライブをしないけれど、これだけいろいろ発見があるのだから、もっと頻繁にやったら上達するような気がする。まぁ、やらないけど。

何よりうちのバンドはタマケンさんがすごい。バンドの曲の歌詞はほぼタマケンさんが書いているし、曲も半分くらいはつけてくれている。そして、今年はタマケンさんのベースがどんどん良い感じになっていて、演奏していても、歌っていても気持ちがよい。僕はギターをがちゃがちゃやっているだけで、ワンパターンすぎて、成長もなく自分でも嫌になる。テクニックなどなく、勢いだけしかない。タマケンさんは曲毎にいろいろ考えてきてくれている。とてもメロディアスなのを弾いてくれる。やっぱり何だかんだで、ベースがしっかりしてくると曲がすごくよくなる。だから、今回のライブはベースを聴いて欲しい。そして結局、女性にモテるのはギターよりベースだ! 結局、タマケンさんが一番モテる。