月別アーカイブ: 2013年12月

しゅんしゅん カレンダー 2014

DSCF6569

年末年始の休業のお知らせをしておきながらも、しゅんしゅんさんのカレンダーを今日アップしました! しかし今日からお知らせの通り、出荷作業が出来ませんので、年始の配送となります! それでもご注文お待ちしています!

2014年のカレンダーをこんなにもギリギリにアップするという、マイペースな運営で良いのかどうかわかりませんが、しゅんしゅんさんすみません! きっと、来年になって、「あ、そういえばカレンダー買ってなかった」と、やっと気づくうっかりさんは沢山いると思います!

さてこれで今年のアップするものはとりあえず終了です。
今年一年、どうもありがとうございました。来年からも、またいろいろとご紹介出来ればと思います。

DSCN4439

こちらは、昨日行って来た星ヶ丘の餅つき。毎年恒例の行事なので、もう10年近くは、これが年末の風景です。手際もよく、米を蒸す人、餅をつく人、丸める人、そして食べる人と分かれてやっていきます。わいわいがやがやと楽しい時間です。僕も餅をつきましたが、ノブさんに「お前は餅への愛情が感じられん」とさんざん言われました。餅つきは力一杯つくだけでは、いけないのです。

餅つきが終わってから、「ラーメン食べに行くぞ」ということに。みなさん、セーブして食べていたようですが、僕はまさかラーメンが後にあるとは思わず、食い意地が人一倍なので、ぱくぱくと、餅を6個か7個くらい食べたので、一瞬ひるみましたが。行く事に。まぁ、ラーメンくらいならば全然食べれちゃうんですが……。ただでさえ、お正月は体重が増えるのに、せっかく痩せてきたのに、また太ってしまうね、これは。

年末年始のご注文と出荷について

photo by UMLAUT TAKAHASHI こちらは出張店舗中のイベントの様子。 こちらは出張店舗中のイベントの様子。

出張店舗中のイベントの様子(photo by UMLAUT TAKAHASHI)

年末年始の出荷業務停止期間のお知らせです。
以下の期間は、ご注文品の出荷業務を停止します。

出荷業務停止期間:12月28日〜1月7日
※27日以前のご注文で、お支払い方法が先払い(銀行振込等)の場合は、ご入金のご確認が27日までに出来ない場合は、年始の配送となります。ご了承ください!

なお、上記の期間中でもオンラインストア上でご注文は承っております。ただ、年末年始の休業日中にご注文いただきました商品についての受注確認メール等は7日以降にお返事させていただきます。発送も7日以降となります。

今日はクリスマスですね。
そして、年末。今年一年を振り返りまして、このお店をオープンしたのが5月ですが、マイペースながらお陰様で何とか続けております。まだまだ7ヶ月しかやってないですが……。

年末年始の休みとか告知してるのに、今年中にアップしたいものが何点かあるのですが、間に合えば、またアップします!

それはしゅんしゅんさんのカレンダー! カレンダーだというのに、年が越えるまでに間に合うのか! むしろ、しゅんしゅんさんのカレンダーご希望の方、直接メールでもいいです〜。The 手抜き。いや、駄目だよね。何とかどうにかします。

 

気を抜く

期間限定実店舗が終わり、バンドのライブも終わったのでポカーンとしておりましたが、今日は月曜日だし、今日からバリバリ仕事だと思っていたけれど、朝のラジオで今日が祝日だという事を知り、一気にやる気を無くして、やっぱりダラダラとしてしまいました。

2日前にSEWING TABLE COFFEEで行ったYah! Gabrielのライブでは、沢山の方に来ていただきました。ありがとうございました。演奏や歌を聴かせるほどの腕はないので、ただただ楽しんでもらえたら嬉しいなと思いますが、あまりにやり過ぎで星ヶ丘を出入り禁止にならないか、冷や冷やしております。今のところ苦情もなくよかったです。後で録音を聴いたら、ギターの音がうるさすぎで冷や汗出ました。リハーサルで、少しギターを小さめと言われていたのを、すっかり忘れて全開でかき鳴らしてしまいました。ライブ後にギターを見たら、傷がつきまくってて、ビックリしました。確かに今年のライブは無我夢中にやっていた気がします。

ライブが終わってもギターは毎日触りたくなります。不思議なものですが、日々触っていないと落ちつかなくなってきました。まだまだギターは下手なので、もっと練習しないといけませんが、永井宏さんから譲り受けたギターは、少しずつ自分のパートナーになってくれそうな存在になりつつあります。馴染んできたし、音も好きになってきました。ただギターが上手くなりたいとかは、さほど思わなく、ただ触っているのが楽しいだけですし、どちらかと言えば良い曲が作れたらいいなとは思ってポロポロ弾いています。Yah! Gabriel!はオリジナル曲をするバンドなのですが、そのほとんどの詩は、ベースのタマケンさんが書いておりまして、僕は詩を書いたことはありません。(正確には、アホな替え歌の詩は作っておりますが……)。そこで来年は、自分の言葉で曲を1曲つくるっていうのを目標にしたいと思います。もっと作れとタマケンさんに突っ込まれそうですが……。とりあえず1曲が目標です。

さてYah Gabriel!は来年の1月18日、京都に参上します。僕はこの時のライブには出ないのですが、Yah! Gabriel!のおっさん達のことですから楽しい時間になるのは間違いなしです。詳細はきっとタマケンさんの日記(いつのまにか、復活しました!)で紹介されると思われます。ぜひぜひ観に行ってみてください!

期間限定実店舗終了しました。

DSC_5546期間限定実店舗at UMLAUT、無事に終了いたしました。たくさんの方にご来店いただきまして、直接ご紹介させていただけたのは、とても良い機会でした。自分達の周りには本当に良い人たちが集まっていて、そのお陰で気がついた時には、さっとこういうことが出来てしまうというのが、自分達でもビックリです。亀仙人の甲羅をとった途端に、すごく高くジャンプ出来た! みたいな感覚なんです。ちょっと違うか!

そして、店主、副店主ともに日頃、日陰で暮らしているので、久々の表舞台ということで、来てくださった方々をつかまえては、この機会を逃すか!と言わんばかりに、説明をしたおしておりました。店主は、どこかのお店に入って店員さんに話しかけられるのが苦手なのですが、この時ばかりはそんなことも忘れ話しかけまくってしまいました。それでも熱心に聞いてくださる方ばかりでした。暑苦しく、押し売り気味の店員2人ですみませんでした。しかし、全ての商品について、自分達の口で全部説明できるっていうことは、この店の特徴だなと改めて気づきました。

それにしても、今回、UMLAUTの高野さんのご好意で催しをさせていただけたので、そういったきっかけをもらえるのが何より恵まれています。自分の名前は「恵雄」ですが、「オスに恵まれる」ではなく、「恵まれたオス」と解釈します。(オスに恵まれるという意味で名付けられたわけでもないですが……)

感謝してもしきれないくらいな6日間でした。来てくださったお客様はもちろん、行きたいけど行けないと連絡くださった方、イベントに来てくださった方々、作家のみなさま、設営を手伝ってくださった江見さん、不動産屋さん、本は人生のおやつですの坂上さん、UMLAUTのお二人、同じビルの方々、副店主が財布を忘れた吉野屋の店員さん、何日も来てくれてすでに常連みたいになってくれた方、などなどなど……。本当に有り難うございました!

UMLAUTに出来た「みずたまり」は雲になって消えましたが、またどこかの街で、ひっそり雨上がりにでも、現れるかもしれません。その時まで、しばし日陰に戻ります。

DSC_5511

本をドーンと真ん中に並べてました。これだけ並べると気持ち良いです。

DSC_5522

こういった什器は、ビルを管理している不動産屋さんにお借りしました。当店で取り扱っているモノにピッタリでした。

DSC_5520

イケダユーコさんの作品、壁に彩りを添えてくれていましたよ。ひとつ、そのままどこかへ旅立ちました。

DSC_5528

UMLAUTの高野さんのポートフォリオと素描家のしゅんしゅんさんのカレンダーなど。

DSC_5540

SWAN COFFEEさんがブレンドしてくた「雲の生まれるところブレンド」。美味しかった!右に坂田焼菓子店のお菓子が並んでいたのですが、会期の4日目くらいに完売してしまいました。

DSC_5539

店主が珈琲を淹れていたところ。偉そうですが、素人珈琲です。でも沢山の方に飲んでいただきました。緊張しましたが、珈琲があることで会話が生まれたのが嬉しかったです。しかし、いろいろと手際が悪くてすみませんでした〜。写真はペーパードリップがのっていますが、お客様にはネルドリップで淹れておりましたよ。しかし、この銅製の水をいれるポットが皆様気になるようで、このポットについて説明しまくりました。これは高知の日曜市で買ったのです。ネットで調べたら、すでに19年も日曜日に出店しているベテランな方でした。

DSC_5531

永井さんが作ってくれたブリキのBOOKLOREの置物と、SEWING GALLERYの箱。棚の一番上に置いて、見守ってもらいました。

DSC_5529

急遽参加してくださった、ご近所で仲良くしているイラストレーターのニシワキタダシさんの紙もの。ひとつずつおじさんを手書きで書いてくださっています。いろんなバージョンのおじさんがいて、楽しいです。引き続き、オンラインストアで取り扱いさせていただくことになりました。

DSC_5521

期間中は豆灯のロウソクを灯しておりました。最終日に全部燃え尽きるという、何ともすばらしいタイミングでした。坂本真衣子さんの手製本ノートも、その完成度の高さにみなさん驚いておりました。yupuさんのブローチも、男性の方も買っていかれました。たくさんあったのに、最終日には数個に……。

DSC_5524

今井美智さんのガラスの器も、たくさん旅立っていきましたよ。

DSC_5519

ながしまゆうこさんのハンコは、クスクス笑ってしまう楽しい作品です。一目惚れのように買ってくださった方がいて、嬉しかったです。

DSC_5517

イベントでお菓子を作ってくれたAOの中西ゆうこさんのエプロン。かっこいいっていう言葉が多かったなぁ。
jamjamjamのCDは超ヘビーローテションしておりました。

DSC_5506

織布geckoさんが実店舗のために織ってくださったポットマット。縦糸がリネンで横糸がウールになっていて、模様が北欧の伝統的な模様だそうです。買われるかたも悩むほど、たくさんの色があります。たくさん買っていただきました。この冬、様々なご家庭で重宝されると思うと嬉しいです。

DSC_5503

玉井健二さんの船も、出航していきました。オリジナル商品の「みずたまり」は江見さんが追加してくださったにも関わらず、ウォルナットは完売しました。本当、嬉しいです。椿野さんのカレンダーを目指して、会社の休み時間にご来店くださった方もいらっしゃいました。すごい!

DSC_5495

yamadengoromoとRuの衣。試着室を作ったので、試着をたくさんしていきました。洋服は着てもらうことで、本来の形が現れるだなぁと実感。着てくださる方が、どの方もお似合いでした。

DSC_5498

Leleの帽子と鞄、そして、まだオンラインストアではご紹介をしていないseakaさんのマフラーです。たくさん旅立っていきました〜。ボンボンは男性の方も楽しそうに巻いていました。笑顔を生むマフラーです。

DSC_5504

odoこと濱田久美子さんの便箋も、じっくり見ていただきました。いくつか旅立っていったので、また郵便で誰かの元へ届けられていくのかな

初日

昨日から期間限定実店舗がオープンしております。おととい展示設営をして、お店が一日にして出来上がったのですが、何とも思ったよりも店らしくなりました。少ししかないと思っていたモノも、飾りきれないくらいあって、設営途中でシンプルウッドプロダクトの江見さんに什器をお借りしたりして、何とか形になりました。モノのパワーはすごいです。それぞれが、しっかり作られているモノだから、僕らみたいなど素人が並べても、見応えのあるおお店にしっかりなっています。「いい店だなぁ」としみじみ思います。
昨日の初日はホームページを見て下さった方や、同じビルで仕事されている方、お知り合いに聞いてきてくださった方、そして作家さんなど、来て下さり。じっくり観てくれました。みなさんご購入いただいて、本当に嬉しいです。オンラインストアですと、なかなか動かないものでも、実際に観て頂ければ丁寧に作られているモノばかりですので、やはり伝わるものがあります。わかっていたことではありますが、オンラインストアでは伝えきれないものが多すぎなと改めて強く感じました。それでも、オンラインにはオンラインの役割もあるし、続けていきますが、実際に観てもらう機会というのは定期的に考えていくのも良いかもしれません。

そして、昨日の夜はオープニングイベントでした。定員なども設けてしまって、そんなに来て頂けるのかと心配していたのですが、定員を越えて22名の方が来て下さいました。これも沢山の繋がりを大切にされてきたUMLAUTの高野さんのお力です。踊りと朗読のパフォーマンスは、結構面白いものでした。副店主の朗読はいつも聞いているし、高野さんの踊りも何回も観ていますが、いつもだいたい音楽の中で踊るのを、言葉だけの中で踊りをしていくというのも新鮮です。参加の方が輪になって、そこに輪に副店長が入って朗読をして、高野さんが真ん中で踊るわけですが、不思議と途中から高野さんの姿が別次元というか、そこには存在しない人のように感じられて、自分の頭の中の想像が形になっている感覚になりました。声と踊り、人の体ひとつで出来る表現方法独特の雰囲気が良い具合にマッチしていたなと思いました。

そして、その後の雑談会。僕は人前で話すのが苦手なので、本当は高野さんと副店主が話しているところにチャチャを入れるつもりだったのですが、20名以上の方が来て下さっていて、そんな態度ではいけないと思い、前に座った瞬間から「ちゃんとしよう」スイッチが入ってしまいました。だいたいこういう時は自分は空回りするのはわかっていましたが、やっぱり空回りして、もっとUMLAUTの話とかすべきなのに、自分のことばかりしゃべってしまって、しかも副店長もほとんどしゃべる時間を与えず終ってしまいました。落ち着いて人前で話せる人になりたい。伝えたいことをうまく言えなかったし、たぶん変なように伝わってしまったところもあるだろうなと反省。もっと作家さんのことを話すべきだったなとか、あんなことしゃべるんじゃなかったなとか、そういうことばかり考えながら帰りました。僕は黙々と行動が向いているんです。それでも高野さんはしっかり落ち着いて聞き手をしてくれて、年下なのにすごいなぁと感心です。ああいう人になりたい。
そして寒い中、来て下さった皆様も本当にありがとうございました。コーヒーを淹れる段取りが悪く、ものすごくお待たせしてしまったり、窮屈の中話を聞いて下さったのに、最後はバタバタの中お買い物もしてくださって本当に嬉しかったです。

さて、本日2日目スタートです。店主は少し遅れて行きますが、副店主がお待ちしております! よろしくお願いします。

ニシワキタダシ さん

20131212-010508.jpg
イラストレーターのニシワキタダシさんが期間限定実店舗に急遽出品してくれることになりました。出品は「紙ものセット」の一点だけですが、紙の裏にサインとおじさんのイラストを描いてくれています。

ニシワキさんは、ご近所で仲良くさせてもらっているので、雲の生まれるところでも開店当初から取り扱いさせていただきたいなと思っていたのですが、なかなかタイミングが合わずだったりで出来ませんでした。でも今回実店舗でやっと扱わせていただくことになりました。オンラインストアで、今後取り扱っていただけるか、また相談しますが、何かしらできたらいいなと思っています。

ニシワキさんと言えば、雲の生まれるところのサイトの一部分をお手伝いいただいておりまして、それは「買い物かごに入れる」という各商品ページにあるボタンと、カゴのイラストです。そして、そこにマウスを持ってくると、おじさんのイラストに変わるんです。オンラインストアにとって最も大事なボタンなのでお願いしました。このこだわりのボタンですが、5月に開店して以来、誰にも突っ込まれるこなく、今に至ります。隠れおじさんは、個人的に気に入ってるんですが……。

さて、ついに明日、期間限定実店舗の設営です。思ったよりもモノが多かったので、ちゃんと並べられるか心配ですが、楽しくできればいいなと思います。UMLAUTがイベントをするのも、僕らがイベントをするのも初めてのことなので、人が来てくれるのか心配で、今日はモノを運び入れに行ったのですが、期間中ずっと暇っていうことも考えられるし、ギターも持って行こうかと悩んだくらいです……。
ぜひ来てくださーい。

odo

1-1-lクーたんこと、あ、違った、odoこと濱田久美子さんの便箋をアップしました。
http://kumonokouba.com/products/list.php?category_id=26

写真はAOのエプロンのモデルをしてもらった時の濱田さんです。
濱田さんは最近になりまして切り絵作家としての屋号をodo(オド)に変更しました。今のところodoという名前は全く世間には浸透していないので、名前を併用していますが、いつかodoと言えば濱田久美子ということになると思います。それまでは、odo久美子とか、濱田odo久美子とか呼んであげてください。
それにしても相変わらず、繊細な切り絵の作品を届けてくれています。そして、相変わらずその繊細さは店主のイラストでは全く雰囲気は伝わらないと思いますので、写真や動画などでその繊細さを見てみてください。今度の実店舗でも、もちろん持って行きます!

さて、実店舗の方も数日後になりました。オープニングイベントもまだ定員に達していないようですので、もしお時間ある方は足を運んでみてください。12月13日の19時からです。
http://kumonokouba.com/user_data/umlaut2013.php

そして、実店舗では、まだオンラインストアでご紹介していない方も参加してくださいます。その方達を少しご紹介します!

■SWAN COFFEE(珈琲豆の販売)
神奈川県の葉山で焙煎をしている廣瀬さんが珈琲豆を届けてくれます。廣瀬さんは焙煎もしつつ、言葉も綴る方です。SWAN COFFEEの珈琲豆は我が家では定期購買をしていまして、毎月12日前後に新鮮な豆を届けてくれます。今回は、雲の生まれるところのために、オリジナルブレンドを考えて届けてくれます。しかも、店主がこんな感じがいいって口で言っただけなのに、イメージを膨らませてくれました。焼きたてホヤホヤを届けてくれるので、到着するのは直前かと思いますが、楽しみです。そして、せっかくなのでSWAN COFFEEをその場で飲んでもらえたらと思いまして、店主がいる時のみホット珈琲の販売もします。素人が淹れるので、どうなるかわかりませんが、廣瀬さんからは、日々僕らが暮らしの中で淹れているようにやったらいいよって言ってもらっていますので、そういう気持ちで淹れられたらと思っています。
http://swancoffee.net

■坂田焼菓子店(お菓子)
長崎の佐世保から坂田焼菓子店の焼菓子が届きます。坂田さんはもともとは京都の手作り市などに出しておりましたが、今は長崎の佐世保でお菓子を焼いています。小さな可愛い女性なのですが、作るお菓子は何とも食べ応えのあるクッキーなどを作っています。もともと副店主と同じ職場ということで知り合ったので、僕も何度も食べておりますが本当に美味しいです。チョコ好きの店主はココアが大好物です。
http://sakatayakikashiten.com

■しゅんしゅん
素描家のしゅんしゅんさんが、本やポストカードを広島から届けてくれました。現在は広島で活動されているしゅんしゅんさん、存在を知ったのは数年前で副店主と表現するものが似ているということから、気になりはじめました。作品はペンで細やかな線のタッチで風景を描いたりしています。店主はただの線の集まりと余白から見えそうで、見えない、いや見えているのか? というような、(意味わからないですよね)、見る側に想像させるところが好きです。
http://www.shunshunten.com

■SEAKA(ボンボンマフラー)
SEAKAさんのボンボンマフラーが沖縄から届きました。本当に沢山の数を届けてくれていまして、特にお子様用のマフラーがたくさんあります。それが、本当に可愛いのばかりなので、むしろ大人の方でも首の細い方は子供用でも良いと思います。小さい頃によく付けていた、あの両端にボンボンがついたマフラーは、つけているだけで楽しくなりそうです。店主も実は狙っている一本があります。

またすでにご紹介させていただいている作家さんの中でも、Ruは秋冬の服山田衣も秋冬の服、織布geckoは鍋敷きにもなるポットマット、odoは別の植物の便箋、yupuさんは木のブローチ、Leleさんは秋冬の帽子、ながしまゆうこさんはレターセットや葉書の追加を届けてくれています。どれもまだオンラインストアではご紹介していないものです。ぜひよろしくお願いします。

jamjamjam

DSC_5335 (1)(撮影:富鶴正夫)

jamjamjamのCDをアップしました。
http://kumonokouba.com/products/detail.php?product_id=232

12032247_529de10c533ca

このCDは永井宏さんとレーレー梅男さんが一緒に作った楽曲を収めたアルバムです。
はじまりは、永井さんがレーレーさんに曲をつけて欲しいと詩を送ったことから始まったそうで、それから往復書簡のようにやり取りをして出来た楽曲が全7曲です。

1年前か、もう少し前くらいでしょうか。レーレーさんが沖縄に移住する少し前だったと思いますが、レーレーさん以外の人々より、レーレーさんのCDを作りたいという話しが持ち上がり、盛り上がりまして、そんな話しをレーレーさんに持ちかけると、レーレーが自分のCDを作るより前に作らなければいけないCDがあるという話しをしてくれました。それが、この永井さんと一緒に作った曲でした。本当は、永井さんが元気なうちに、しっかりレコーディングをして形にしたいと思っていたのですが、それが叶わなかったのです。その話しを聞きまして、それならばそれは絶対に作って、残さなければいけないということで、今回このCDが発売されることになりました。

このCDが出来るまでは、本当にレーレーさんは大変な作業があって、沖縄にいるので、大阪に帰ってくる度に、バンドメンバーを集めてレコーディングを少しずつ進めていきました。僕はあまりそういったことに詳しくないので、もうちょっと簡単に出来るものだろうと正直思っていたとこもありましたが、実際の作業を聞いてみると、本当に終わりのない作業だなと感じました。レコーディングとかミックスとか自分一人で全てを完結させるのは、自分なりの踏ん切りのようなものをつけながらやらないと、永遠に続いてしまいます。僕も一度、自分のやってきたことを本に纏めようと、一人で作業していたことがあったのですが、執筆者と編集者が同じ人間だと、判断基準が曖昧ですし、どんどん手直しを加えてしまうので、結局完成には至らなかったことがあります。きっとそれよりも音楽の場合は、複雑ですし、より孤独な作業なのだと思います。作りあげることも大変ですが、どの段階で手をひっこめるかっていうのも、難しい判断です。

何はともあれ、こうやって残すべきものを、残すことが出来て、そんな手伝いを僕も少しさせてもらえたというのは、嬉しい限りです。
出来上がったからには、これから、どんどんいろんな人に聞いてもらわなくてはいけないので、ぜひ聴いてください! お店などを経営されている方はぜひとも店内BGMでヘビーローテーションしてもらいたいです。僕たちも今度の出張店舗でもヘビーローテーションする予定です。

ーーーーーーーーーーー
【以下取り扱い作家さんの展示のお知らせ】

6-2-l

先日アップしました、手製本ノートを作られている坂本真衣子さんの展示がソーイングテーブルコーヒーで開催されます! 写真はモデルになってもらった時に坂本さんです。
いつもいつも本当に丁寧な仕事をされていまして、しかも取り扱っている場所によって、テーマを変えて作られています。「雲の生まれるところ」に置いてあるノートは、店主が上げたいくつかのワード、SKY,POOL,LONG BOOTSなどなど、から連想されるものを形にしてくださっています。それが絶妙に良いのですが、きっとソーイングテーブルコーヒーでされるのも、その場所にふさわしいものを形にしてくれるのだと思います。僕も今から楽しみです。
期間中に坂本さんのワークショップも開催します。これも気になります。

maimai

「綴じ紙」-ことばとノート、紙物の展示-
2013 12/11(水)〜12/22(日)11時〜18時

*坂本真衣子/ワークショップ
『ことばと紙を綴じましょう』(小箱付き)

そこに居る人、場所、その日、、その瞬間
共有した空気を、言葉にし、紙に綴じ、言葉の小箱に、コラージュします。
季節の中で、手とこころをうごかす、そんな時間を丘の風の中で一緒に楽しみましょう。

開催日時:12月22日(日) 13:00 – 2.3時間ほど
場 所 :SEWING TABLE COFFEE
募集人員:4名
料  金:¥2000 材料費 + 1ドリンク
お問い合わせ tamaken@mac.com (タマイまで)